巻頭特集

恋するほど魅力的なニューヨークのゲレンデ特

スキーにスノーボード、この冬を楽しく彩るウィンター・スポーツの季節が到来。さあ、週末を利用して近郊のスキー場にでかけよう! 人気のスキーリゾートBEST5や、ゲストに贅沢で快適な滞在を約束する注目のホテルなど紹介。(取材・文/伏見真理子)


目の前に広がる白銀の世界
ダイナミックな景観と共に楽しむ

例年に比べると今年の冬は暖かくなると予想されている。しかし、冬も本格的にスタートし、今年もスキーやスノーボード、スノーモービルなど冬のレジャーを楽しみに、ウィンターリゾートへ出かける計画を練っている人も多いでしょう。ニューヨーク州には50以上ものウィンター・リゾートが点在し、マンハッタンから2時間ほどの運転で行けて、日帰りで十分楽しめる場所もあれば、5、6時間ほどかけて行くところもあり、長めの週末を満喫する人もいる。またお隣のコネチカット州やペンシルベニア州のウィンター・リゾートまで足を伸ばす人も少なくないようだ。

ニューヨーク州には難易度が高いものから緩やかな斜面まで、幅広いコースの種類があり、プロによるレッスンが受けられるスキー教室もあり、スキー初心者から上級者まで十分に楽しむことができるので、今年の冬に思い切ってスキーデビューしてみるのもいいだろう。ファミリー向けに宿泊施設の内容が充実しているところもあり、親子揃って満喫できるのも魅力なアクティビティだ。

お得な料金プランが魅力の
便利なツアー・バス

自家用車がなくスキー場への交通手段を迷っている人も少なくないだろう。そこでオススメなのが、ツアー会社から運行されるツアーバスやスキー場から運行されるシャトルバスの活用である。マンハッタンはタイムズスクエアや、グランドセントラル駅、ユニオンスクエア周辺、また、ダウンタウン・ブルックリンや、ロング・アイランド・シティなどからバスが出ている。

車をもたない世帯も多いニューヨーカーの交通手段としてなくてはならない存在である。特に若い世代は、レンタカーで友人とカー・シェアをするという人も少なくないだろうが、今年はガソリンの大幅値上げにより、レンタカーの利用を躊躇する人も多くなることが予想されている。また、慣れない雪道での運転リスクや渋滞のことなど考えると、バスを利用した方が圧倒的に効率が良いということで、今年は例年よりもバスツアーへ参加する人が増える見込みだ。

気になるバスツアー会社を調べてみると、「OVR RIDE」や「URBAN SHERPA TRAVEL」などを利用する若い世代が多くみられた。料金は各ツアー会社により異なるが、全体的に金額に大きな差がないようなので、気軽にツアー申し込みができそうだ。中にはリフトチケット費用込みのお得なパッケージプランもあるのが嬉しい。

「OVR RIDE」では日帰りツアーを始め、週末のプチ旅行ツアーや5、6日間かけて行くツアーなど、行き先により滞在日数を選ぶことができる。「URBAN SHERPA TRAVEL」は20年以上もサービスの提供を行っている人気バスツアー会社で、近郊であれば料金は一律139ドルと良心的なプランが特徴的だ。

雪山情報・お天気情報は必ずチェックしておこう

「I SKI NY」というスキー総合情報サイトでは、ニューヨーク近郊にある各スキーリゾートの情報を集めスキーに訪れる客がいつでもチェックできるよう、常に最新情報のアップデートをしている。主に天候、雪山の具合や、「SKI DEALS」といったスキー場のお得なプラン、割引チケットのお知らせなどである。また、子供向けのスキー情報やアドバイスなどもチェックすることができる。

同じく多くの人がチェックする「SKI CENTRAL」というスキー総合情報サイトでは、スキー場の詳細やコースの説明、例年のシーズンの詳細など調べることができ、謂わばスキー場辞典のような存在。是非とも出かける前に参考にし、楽しく安全に滑りにいこう。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。