ブルックリン散歩

「Planted Cafe」でビーガン食を食べよう

最新トレンドが集まる街であるブルックリンには、今話題のサステナブルなビジネスがたくさん誕生している。散歩しながら訪れたい、おしゃれで環境にも優しいローカルスポットを紹介。


ブルックリン区の西側、キャロルガーデン地区のキャロルパークの向かい側にある「プランテッドカフェ」は、植物性由来の料理やグルテンフリー、オーガニックフードを提供する、ガーデンショップが併設されたカフェである。

2018年にオープンした「プランテッドカフェ」は、テークアウト専門店ばかりだったこの地域で、昼間でも家族や友人たちと過ごせる場所を提供している。できる限り廃棄物を減らし、環境への配慮を心掛けている同店は、全ての食事を新鮮な状態で提供するのはもちろんのこと、店内は植物で満たされているため、家族や友人と共に、リラックスできる場所となっている。

これまでのさまざまな研究により、人々が地球環境に及ぼす悪影響を大幅に減らすことができる方法の一つとしてビーガン食が示されてきた。そのため、ビーガン食を提供している「プランテッドカフェ」もサステナビリティーに力を入れているといえるだろう。

また同店は、継続的に消費者のために食事を生産、供給する存在として、地球環境に与える影響を最小限にするというミッションを掲げている。その取り組みの一環として、キッチンで使用するほとんど全ての保存容器にリサイクルできるガラス瓶を採用し、堆肥化可能な食器や、その他にもリサイクル製品を数多く使用している。また、全ての食材はオーガニックであることもポイントだ。

ここ最近では、CBD製品(大麻草由来の深いリラックス作用が得られる製品)の販売を進めており、またDelta-8 THC(大麻草由来の別系統の製品)の販売も始めたという。

また、「プランテッドカフェ」の自慢は優秀で勤勉なスタッフだそうだ。店内にある植物の管理をする彼らは、それらの植物や販売する製品、提供するサービスについての知識が豊富で、客一人一人に寄り添った対応をするという。

この「プランテッドカフェ」はビーガン食経験者だけでなく、そうでない人にも楽しめる素晴らしい場所であるという印象を受けた。

 

Planted Cafe

333 Smith St.
Brooklyn, NY 11231
TEL: 917-909-1986
plantedcommunitycafe.com

※この記事はブルックリン・ビューティー・ファッション・ラボ(brooklynbbfl.com)による寄稿です。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。