巻頭特集

最新トレンド!ニューヨークらしい 秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい!日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?


 スタイリストのカリあすかさんが指南!

季節のオシャレを楽しむコツ

春夏、秋冬と半年ごとに移り変わるトレンドでは、「自分らしさ」を軸に、今らしさを加えるヒントを取り入れるのが、センスのあるオシャレ。今らしいかどうかと合わせて、そのトレンドが過ぎ去った時、来年、再来年も着たいと思えるデザインかどうかということも考えたい。

NYブランドを着よう

ニューヨークでデザイン・縫製された服を年中、いつでも気軽に楽しめるのは、ここ、ニューヨークに暮らす人たちの特権だ。自分好みのニューヨークブランドを見つけることができたら、ニューヨーカーの仲間入り。

敷居が高く感じがちだが、価格帯は幅広く、デザインもシンプルなものからアーティスティックなものまでさまざまなスタイルに出合うことができる。街を歩くときは、いつもより少し周りを見渡してみよう。いつも歩いている道で、すてきなブランドとの出合いが待っているかもしれない。

秋冬のポイント、フリンジ

動きに合わせて揺れるフリンジは、コーディネートに遊びをプラスしてくれる。全身にフリンジが施されているものよりも、すそや装飾として部分的に使われているものの方が初めてでも取り入れやすく、飽きにくいのでオススメだ。コーディネートのポイントとして、ジャケットやブーツなど、いろんな服や小物と合わせて楽しんでみよう。

*フリンジ*

顔周りを華やかにする色

ビデオカンファレンスやオンラインイベント、友達・家族と話す時など、今年はビデオ通話を使う機会が増えたという人が多いのではないだろうか。自分の肌に合った鮮やかな色を取り入れることで、画面越しに明るい印象を与えることができる。

寒くなるにつれて、黒いアウターを着る機会が増えがちなニューヨークだが、インナーやスカーフ、バッグなどの小物に差し色を合わせるだけでも、一気に華やかさがプラスされる。自分の好きな色を取り入れて、寒く長い冬を明るく乗り切ろう。

*明るい差し色*

長い冬の楽しみ、アウター

気温が下がるにつれ、手放せなくなるアウター。冬が長いニューヨークだからこそ、防寒だけでなく、デザインにもこだわりたい。

シルエットや色、柄がすてきなアウターは、着ている時も、ハンガーに掛けて眺めている時も、心が弾む。日中と夜で寒暖差のあるニューヨークの初秋は、アウトドアダイニングにも備えて、暖かいアウターを持ち歩こう。

*すてきなアウター*

カリあすかさん

ニューヨークを拠点とする、パーソナル・スタイル・コンサルタント、クローゼットスタイリスト。
普段着から仕事着、ウエディングやレッドカーペットなどの特別なイベントまで、「あなたらしさ」を大切にした、人にも地球にも優しいスタイリングを提案している。
パーソナルカラー診断や、クローゼット整理のサービスも。
asukamstyle.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。