巻頭特集

最新トレンド!ニューヨークらしい 秋冬ファッション

あすかさんイチオシ
ニューヨークローカルの注目3ブランド

せっかくニューヨークで暮らしているのだから、当地の雰囲気やスタイルで秋を楽しんでみよう!前ページでのポイントも交えて、3つの地元ブランドをあすかさんが紹介。


VOZ

Jasmine Étoile Aaronsさん 創業者、クリエーティブディレクター

スタンフォード大学の大学院フェローシップで出会った、先住民の女性から触発されたジャスミンさん。世界にある地方先住民の女性のウェルビーイングと文化価値を守るため、2011年に「VOZ」を設立した。チリのマプチェ族が手仕事で伝統的なデザインを施したニットや、ニューヨークで縫製したシルクを使ったアイテムなどが特徴だ。ショールームでは、プライベート空間での特別なショッピング体験を提供している。

チリで手編みされた、100%オーガニックコットンのニットトップス「FLAMMÉ」は、1枚で着る他、重ね着で年間を通して着ることができる、シーズンレスなアイテム。短めの丈なので、ハイウエストのボトムスやワンピースと合わせると、スタイルよく見せてくれる

CASCADE」は上質な100%シルクの柔らかさを、肌だけでなくデザインからも感じられるシフォンのブラウス。首回りに伸縮性のあるデザインなので、気分によってオフショルダーとして着ることもできる。Canary色は、秋のコーディネートに華やかさをプラス

【店舗情報】

madebyvoz.com
Instagram: @madebyvoz
SoHoのショールームは事前予約制。予約はsales@made byvoz.comまで。


Shino NYC

アーティストのShinoさん

ニューヨークで、一から作ることができる織物に出合ったことをきっかけに、作品を通して織物の魅力を伝えている。日本文化に根付く「わびさび」の不完全の美を投影した作品は、アーバンノマドなスタイルとしてニューヨーカーから愛されている。まとうと角度によって織り柄のいろんな表情を見ることができ、ハンガーにかけた際もアートのように美しい。彼女が手織りした生地をベースに服として仕立てるため、作品のほとんどが世界にたった一つの1点物だ。

タイムレスなモノトーンのアウター「Urban Nomad Robe」はフリーサイズで、ジェンダーレス。さっと羽織るだけでオシャレに決まり、デニムと合わせてカジュアルに。またワンピースと合わせてドレスアップしたい時にも、近所へのお出掛けのワンマイルコーデをアップグレードする

Shino NYCでは柿渋、藍などの草木染めが多く使われている。「Urban Vagabond」のトップスとワンピースは100%コットンで、手織りで表現された織り模様が美しく、藍が映える。アートを身にまとうというぜいたくを叶えてくれる

【店舗情報】

shinonyc.com
Instagram: @shinonyc
オンライン、ポップアップショップなどで展開


Siizu

創業者のKay Wenさん

質が高く、かつ作る過程に配慮された服を、手が届きやすい価格で届けたい、という思いを胸に、ニューヨークで2015年に立ち上がったブランド。クラシカルな色を多く取り扱い、日常だけでなく職場使いでもバッチリ決まるアイテムがそろう。労働環境に配慮されている工場で生産を行い、コットン、テンセル(木材を原料とした素材)、リネンなど、日本製の生地も多く取り扱っている。

日本製のテンセル素材を使った「MUNIN」は、サイドのスリットが体のラインをきれいに見せてくれる。食欲の秋も、おなか周りをスッキリ見せてくれるので安心。中にブラウスを合わせたり、上からジャケットを羽織ったり、重ね着を楽しめる

ブーツと合わせるだけで秋らしいコーディネートが出来上がる、キャメルのシャツワンピース「EVA」。長めのカフスが手元を華奢(きゃしゃ)に見せる。布ベルトを垂らすことでカッコよく、リボン結びをすることで甘めな印象になる。羽織りものとしても活躍

【店舗情報】

siizu.com
Instagram: @siizu_official
オンラインでのみ展開

固定ページ: 1 2 3

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介

Vol. 1077

こだわりのダイナー

ニューヨーク市内の飲食店では先月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。

Vol. 1076

ニューヨークらしい秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい! 日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?

Vol. 1075

さりげなく差を付ける身だしなみ

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、外出しないため、身だしなみにもこだわらなくなった人も多いのでは? 外出の機会も増えていく中、さりげなく、そして、かっこよくきめる、NY在住者のこだわりの身だしなみを今号では探ってみた。