思いのままに踊れ! 息抜きのオンラインクラブ

イベントのキャンセルや延期が相次ぐニューヨーク。しかし、「集まれないなら家で楽しめばいいだけ! 」と、ニューヨーカーはテクノロジーの力を借りて、新たなエンタメスタイルを続々と生み出している。

オンライン・クラブナイトは、その際たるものだ。画面を介してDJと繋がろう! というコンセプトで、市内のDJやクラブハウスが続々と開いている。

現在参加できるものはいくつかあるが、今回は、以前掲載した巻頭特集「いまさら聞けないクラブのこと」で紹介した、ブルックリンベースのクラブイベント団体「The Get Down」をピックアップ。ウェブミーティングサービスの「ZOOM」を使った仮想クラブだ。

主催者でDJのターシャ・ブランクさん。参加者のコメントにも反応し、終始ノリノリ!

元々、「踊ること」「好き勝手にノリノリになること」に特化している「The Get Down」は、クラブ初心者にはかなり敷居が低く、オススメなのは、巻頭特集でも述べた通り。

「平日の少し早い時間に踊って解散」というコンセプトはオンラインでも健在で、夜は午後6時前後にスタート! こんな時間から踊れるのは、ある意味、自宅待機中だけかも。

音楽はビートとテンポ重視で、実にさまざまなジャンルが流れる。アップテンポでガンガン踊るというより、永続的に体を揺らしたくなるような心地よさがいい。

セッションの始めと終わりには瞑想(めいそう)タイムもあり、回によってはミュージシャンの生演奏があるのも、オンラインならではの新たな試みだ。

100人以上にものぼる参加者の過ごし方も、画面越しに見ることができる(※参加者がカメラをオンにしている場合のみ)。ソファに座ってくつろいでいる人、画面の前で本当に踊っている人、参加者やDJの様子をじっと眺めている人…。みんな、ほどけたような優しい表情をしているのが印象的だ。

 

年齢も人種も、楽しみ方もまるでバラバラな「The Get Down」

 

約1時間のセッションの終わりに、主催者のターシャ・ブランクさんが漏らした一言が印象的だった。

「大変なときだけど……みんなここにいる、つながってる。もう怖くない」

ソーシャル・ディスタンスで生まれる寂しさや、明日の行方や自分の未来が分からない恐怖・ストレスを、音楽がなぐさめてくれる。

またここに戻って、「みんな」に会いたいと思わせる。

普段クラブに行かない人も、音楽に興味がない人も、踊らない人も————参加してみれば、きっと感じるものがあるはずだ。

 

The Get Down NYC
https://www.thegetdownnyc.com/get-tickets
Instagram: thegetdownparty
不定期をうたっているが、最近はほぼ毎日「ZOOM」で開催中。日時はインスタグラムで随時告知。
eチケット代は任意で、$6〜20。購入者に、開演直前にメールで「ZOOM」のリンクが送られてくる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1153

マインドフルに生きよう!

心や体を落ち着かせる効果があるとされるマインドフルネス。慌ただしく不安が尽きない日々の中で、生活に取り入れてみると少しは気持ちが楽になるかもしれない。すでに実践している人も未体験の人も、今号を読んでマインドフルネスについての理解を深めよう!

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。