思いのままに踊れ! 息抜きのオンラインクラブ

イベントのキャンセルや延期が相次ぐニューヨーク。しかし、「集まれないなら家で楽しめばいいだけ! 」と、ニューヨーカーはテクノロジーの力を借りて、新たなエンタメスタイルを続々と生み出している。

オンライン・クラブナイトは、その際たるものだ。画面を介してDJと繋がろう! というコンセプトで、市内のDJやクラブハウスが続々と開いている。

現在参加できるものはいくつかあるが、今回は、以前掲載した巻頭特集「いまさら聞けないクラブのこと」で紹介した、ブルックリンベースのクラブイベント団体「The Get Down」をピックアップ。ウェブミーティングサービスの「ZOOM」を使った仮想クラブだ。

主催者でDJのターシャ・ブランクさん。参加者のコメントにも反応し、終始ノリノリ!

元々、「踊ること」「好き勝手にノリノリになること」に特化している「The Get Down」は、クラブ初心者にはかなり敷居が低く、オススメなのは、巻頭特集でも述べた通り。

「平日の少し早い時間に踊って解散」というコンセプトはオンラインでも健在で、夜は午後6時前後にスタート! こんな時間から踊れるのは、ある意味、自宅待機中だけかも。

音楽はビートとテンポ重視で、実にさまざまなジャンルが流れる。アップテンポでガンガン踊るというより、永続的に体を揺らしたくなるような心地よさがいい。

セッションの始めと終わりには瞑想(めいそう)タイムもあり、回によってはミュージシャンの生演奏があるのも、オンラインならではの新たな試みだ。

100人以上にものぼる参加者の過ごし方も、画面越しに見ることができる(※参加者がカメラをオンにしている場合のみ)。ソファに座ってくつろいでいる人、画面の前で本当に踊っている人、参加者やDJの様子をじっと眺めている人…。みんな、ほどけたような優しい表情をしているのが印象的だ。

 

年齢も人種も、楽しみ方もまるでバラバラな「The Get Down」

 

約1時間のセッションの終わりに、主催者のターシャ・ブランクさんが漏らした一言が印象的だった。

「大変なときだけど……みんなここにいる、つながってる。もう怖くない」

ソーシャル・ディスタンスで生まれる寂しさや、明日の行方や自分の未来が分からない恐怖・ストレスを、音楽がなぐさめてくれる。

またここに戻って、「みんな」に会いたいと思わせる。

普段クラブに行かない人も、音楽に興味がない人も、踊らない人も————参加してみれば、きっと感じるものがあるはずだ。

 

The Get Down NYC
https://www.thegetdownnyc.com/get-tickets
Instagram: thegetdownparty
不定期をうたっているが、最近はほぼ毎日「ZOOM」で開催中。日時はインスタグラムで随時告知。
eチケット代は任意で、$6〜20。購入者に、開演直前にメールで「ZOOM」のリンクが送られてくる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。