巻頭特集

今日から取り入れる 秋冬おしゃれの ミニヒント

季節の変わり目に合わせて、外見もアップデートしよう! 今号は、ジャピオンにゆかりのあるオシャレのプロたちに、秋冬を楽しむちょっとしたコツを聞いた。


読者約55人の秋冬の乾燥肌対策
〜過去の人気連載から、ヒントをピックアップ〜

ニューヨークの秋冬は乾燥する。2017年冬〜19年春に当紙で連載した人気の美容コーナー「ポーチの中身、見せて!」では、インタビューした女優、ダンサー、スタイリストなど、「美」にこだわりを持つ女性約55人中、ほぼ全員が「ニューヨークの乾燥はひどい」と口をそろえるほど。

そこで今回は、同連載の取材で披露された、肌の乾燥対策をまとめてみた。当時ジャピオンを読んでいなかった人も、要チェック!

 

①とにかく覆ってみる

夜寝る前のお手軽ケアとして、安売りパックを毎日のように使い、保湿を心掛けているという人が多かった。彼女たちのポイントは「質より量」。カサカサのまま放置状態にするのではなく、隙あらば保湿!

既存商品を購入する以外にも、「化粧水をたっぷり含ませたティッシュで顔を覆う」(MKヘアサインさん)、「水に濡らしたタオルを電子レンジでチンして、数分間顔に当てます」(大野有梨香さん)などのアイデアが光る。

 

②こだわりの自作派

「ローズマリーや生ハチミツ、ビネガーを混ぜた自作化粧品」(NAOKOさん)、「水にグリセリンとアロマオイルをプラスした化粧水」(大野有梨香さん)、「ギリシャヨーグルトにハチミツとオイルを入れた、即席パック」(ピロ貴子さん)など、趣向をこらした手作りアイテムで保湿をする人も!

 

③ワセリンは万能

下地として全体に塗ったり、カサついたところをケアしたり、リップの下に塗って質感を変えたり…。ワセリン愛好家はかなり多い。

ちなみに、ニベアクリーム派もおり、「(乾燥のひどい)アリゾナで使っていたので、効果は実証済み」(平野奈津子さん)とのこと。

 

 

④ココナツも万能!

日本でもブームとなったココナツオイルは、やはり保湿の定番アイテムの模様。「朝と晩、洗顔をして化粧水を塗った後、オーガニックのココナツオイルを塗っています」(AKOさん)

※編集注=記載コメントは、いずれも「ポーチの中身、見せて!」取材当時のものです。

 

連載で人気のあった化粧品はどれ?

 

固定ファン数1位

 

Maybelline New York
マスカラ

 

数多のブランドが多種多様なマスカラシリーズを販売している中、5人が愛用アイテムとして上げた。中でも「Big Shot」シリーズは、その確かなボリューム感と仕上がりの美しさで人気!

 

愛されブランド第1位(同率)

  Dior
  L’Oreal Paris
  M.A.C.
  NARS

いずれも品質に定評のある、ロングセラーブランド。特に「NARS」は、リップの使いやすさで圧倒的な支持率を誇る!

 

こだわりの強いアイテム第1位(同率)

  リップ
  アイライナー

目元はラインの引き方や色、質感などに個人のこだわりが光った。リップは基本的にいろんなブランドを使い分ける人が多い模様。

 

固定ページ: 1 2

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。

Vol.1070

ちまたで噂のCBDを有効活用

「CBD(シービーディー)」をご存知だろうか? 有効活用することでリラックス効果や安眠効果も得られるという、ナチュラル由来の成分。おうち時間も多い今、CBDを理解したうえでトライしてみては?