巻頭特集

今日から取り入れる 秋冬おしゃれの ミニヒント

季節の変わり目に合わせて、外見もアップデートしよう! 今号は、ジャピオンにゆかりのあるオシャレのプロたちに、秋冬を楽しむちょっとしたコツを聞いた。


読者約55人の秋冬の乾燥肌対策
〜過去の人気連載から、ヒントをピックアップ〜

ニューヨークの秋冬は乾燥する。2017年冬〜19年春に当紙で連載した人気の美容コーナー「ポーチの中身、見せて!」では、インタビューした女優、ダンサー、スタイリストなど、「美」にこだわりを持つ女性約55人中、ほぼ全員が「ニューヨークの乾燥はひどい」と口をそろえるほど。

そこで今回は、同連載の取材で披露された、肌の乾燥対策をまとめてみた。当時ジャピオンを読んでいなかった人も、要チェック!

 

①とにかく覆ってみる

夜寝る前のお手軽ケアとして、安売りパックを毎日のように使い、保湿を心掛けているという人が多かった。彼女たちのポイントは「質より量」。カサカサのまま放置状態にするのではなく、隙あらば保湿!

既存商品を購入する以外にも、「化粧水をたっぷり含ませたティッシュで顔を覆う」(MKヘアサインさん)、「水に濡らしたタオルを電子レンジでチンして、数分間顔に当てます」(大野有梨香さん)などのアイデアが光る。

 

②こだわりの自作派

「ローズマリーや生ハチミツ、ビネガーを混ぜた自作化粧品」(NAOKOさん)、「水にグリセリンとアロマオイルをプラスした化粧水」(大野有梨香さん)、「ギリシャヨーグルトにハチミツとオイルを入れた、即席パック」(ピロ貴子さん)など、趣向をこらした手作りアイテムで保湿をする人も!

 

③ワセリンは万能

下地として全体に塗ったり、カサついたところをケアしたり、リップの下に塗って質感を変えたり…。ワセリン愛好家はかなり多い。

ちなみに、ニベアクリーム派もおり、「(乾燥のひどい)アリゾナで使っていたので、効果は実証済み」(平野奈津子さん)とのこと。

 

 

④ココナツも万能!

日本でもブームとなったココナツオイルは、やはり保湿の定番アイテムの模様。「朝と晩、洗顔をして化粧水を塗った後、オーガニックのココナツオイルを塗っています」(AKOさん)

※編集注=記載コメントは、いずれも「ポーチの中身、見せて!」取材当時のものです。

 

連載で人気のあった化粧品はどれ?

 

固定ファン数1位

 

Maybelline New York
マスカラ

 

数多のブランドが多種多様なマスカラシリーズを販売している中、5人が愛用アイテムとして上げた。中でも「Big Shot」シリーズは、その確かなボリューム感と仕上がりの美しさで人気!

 

愛されブランド第1位(同率)

  Dior
  L’Oreal Paris
  M.A.C.
  NARS

いずれも品質に定評のある、ロングセラーブランド。特に「NARS」は、リップの使いやすさで圧倒的な支持率を誇る!

 

こだわりの強いアイテム第1位(同率)

  リップ
  アイライナー

目元はラインの引き方や色、質感などに個人のこだわりが光った。リップは基本的にいろんなブランドを使い分ける人が多い模様。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1130

今年は75周年のメモリアルイヤー! NBAを見に行こう!

レギュラーシーズン開幕から約1カ月。創設75周年を迎えたNBAは、今季ならではのイベントが盛りだくさんだ。今、話題のNBA系YouTuber、Rikuto AFさんとニコラス武さんの解説と共に、その魅力を紹介する。

Vol. 1129

NYC新市誕生! エリック・アダムス氏を解剖

2日に行われたニューヨーク市の市長選で民主党のエリック・アダムス氏が当選し、次期ニューヨーク市長に就任する。エリック・アダムス氏とはどんな人物なのか? そして今後のニューヨークはどう変わるのか?

Vol. 1128

ビザ最新情報 2021秋冬版

2023年度DV(移民多様化)抽選永住権の米国務省受付が、9日正午で終了した。今号では、H、E、L、Oビザなどの非移民ビザや永住権に関する最新情報を紹介する。

Vol. 1127

今年は何する? もうすぐサンクスギビングデー!

いよいよサンクスギビングデーがやってくる。今年は例年のパレードも復活し、感謝祭ディナーに大セールと楽しいイベントがめじろ押し。日本人にはなじみない文化とはいえ、せっかくアメリカに住んでいるのなら目いっぱい楽しまなきゃ損! 今号はそんなサンクスギビングを存分に満喫するための情報をお届けする。