ニューヨーク州で乗馬を体験できるスポットBEST5

*本記事は90 Digital社によって提供されています。


人気が高まる乗馬、その盛り上がりとは?

乗馬人口が約100万と言われる日本ですが、アメリカにおいてはその8倍の800万人が乗馬を嗜んでいると言われています。HORSESONLYの記事によると2023年現在、以下のようなデータがあげられ、そのメジャーさが裏付けられます。

 

  • 馬産業は、米国経済に年間1220億ドルの貢献
  • 米国の馬産業は174万人を雇用
  • 米国内には725万頭の馬がいる
  • テキサス州は州ごとの馬の数が最も多い州である
  • 米国では160万世帯が馬を所有
  • 馬主の60%が管理職として働いている
  • 馬主の50%が年収100,000ドル以上
  • 乗馬用馬の平均価格は3,444ドル
  • レクリエーション用の馬の年間所有費は7,896ドル

 

また、ブックメーカー 競馬を含むスポーツベッティングの市場規模は、2020年の段階で約1,301億米ドル、2027年までに1,6273,000万米ドルに達する見込みで、2021年からで考えると8.73%以上も成長することが見込まれています。このように、乗馬や馬産業は日本と比べると、その規模や盛り上がりも段違いとなっています。

 

ニューヨーク州で乗馬体験ができるスポットBEST5

 

ニューヨーク周辺で乗馬体験ができるスポットをご紹介。その中で一番有名な場所といえば、「セントラルパーク」です。セントラルパークでは、約1時間の乗馬体験ツアーが展開されており、ガイド先導で乗馬道を通り、ニューヨークのランドマークを馬の上から眺めることができます。対象年齢は10歳以上、初心者でも参加できるレベルになっており、最大2時間まで延長できます。

その他に、

「Painted Bar Stables」「D & K Ranch」「Saddle Up Stables」「Westchester Trail Rides」

など、その名の通り山道を乗馬するのがメインの乗馬ツアーもあるので、好みに合わせて体験してみてはいかがでしょうか。

 

ニューヨーク州の乗馬スクール

観光体験としての乗馬だけではなく、本格的に習ってみたい、という方のためのスクールもあります。それが「NYC RIDING ACADEMY」です。1回あたり30分、月4回がミニマムの回数となっています。

馬好きが乗じて、馬を飼い始め、乗馬コースを作ってスクールを開設してしまう人がいるほど、アメリカではスタンダードな趣味である乗馬。アメリカに旅行、もしくは住み始めた日本人の方は、ぜひこのアメリカンスタンダードな趣味を楽しんでみてください。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。