記事広告

NY州の最新スポーツベッティング事情

アメリカ・ニューヨーク州のスポーツベッティング収益が全米No.1を記録し、スポーツベッティングユーザーも1,900万人以上にまで到達しました。

 

過去のニューヨーク州は賭博行為に対して消極的な姿勢を持ち、同州北部にある4つのオンラインカジノでしかスポーツベッティングを提供していませんでした。しかし全米に広がるスポーツベッティング熱、違法ブックメーカーの排除、莫大な税収などを目的としてスポーツベッティングアプリを2022年1月に解禁。

2024年3月、ニューヨーク州のスポーツベッティング市場はまだまだ急成長を続けています。

今回はアメリカ・ニューヨーク州におけるスポーツベッティングアプリの導入状況、最新スポーツベッティングの傾向、大学スポーツへの賭け制限、将来の展望と変化などについて解説します。

 

NYで利用できるスポーツブックアプリ

現在のニューヨーク州ではFanDuel SportsbookやDraftKings Sportsbook、Bally Betなど全8社のスポーツベッティングアプリを利用できます。

ただしニューヨーク州のスポーツベッティングで遊べるのは21歳以上で、ニューヨーク州に居住している必要があります。

そんなニューヨーク州でスポーツベッティングアプリを運営するためにはライセンスの取得が必要不可欠で、十分な利益をもたらす高い信用性やシステム構築などを考慮し発行されます。

ライセンス契約には最初に$2,000,000(約2億9,000万円)を支払いし、スポーツベッティングアプリの利益に対し51%の納税義務が課せられます。

 

NY最新スポーツベッティングの傾向

ニューヨーク州のスポーツベッティングで人気のスポーツは「ベースボール(MLB)」「アメリカンフットボール(NFL)」「バスケットボール(NBA)」「アイスホッケー(LNH)」で、いわゆる北米4大プロスポーツリーグと呼ばれています。

最近ではサッカー(MLS)の人気も急上昇中で、スポーツベッティングでも多く賭けられています。

MLBではヤンキース、メッツ、NFLはジャイアンツ、ジェッツ、NBAはニックス、ブルックリン・ネッツ、LNHはレンジャーズ、ニューヨークアイランダーズなどがニューヨーク州の人気チームです。

またスポーツベッティングの賭け方はマネーライン(勝敗予想)、アウトライト(優勝チーム予想)、オーバーアンダー(合計スコア予想)などが人気です。

 

大学スポーツへの賭けに関する制限

ニューヨーク州のスポーツベッティングはプロリーグのみが対象で、熱狂的なサポーターが多いものの大学スポーツには賭けられません。

大学スポーツの賭けが制限されている理由、それは将来有望なアマチュアスポーツ選手を外部の圧力から守るためです。これはアメリカ連邦法「プロ・アマスポーツ保護法」によって定められ、ネバダ州を除き原則として大学スポーツの賭けを禁止しています。

 

将来の展望と変化

ニューヨーク州のスポーツベッティング市場は今後もさらなる成長が予測されるため、2024年に14社、2025年には16社まで増やす法案が提出されました。

スポーツベッティングの拡大が認められれば、現在の税率51%から25%に引き下げられる予定です。さらにフリーベットやボーナスプロモーションを利用した賭けを起因とした収益に対しては非課税になるため、事業者は積極的な新規ユーザー確保に力を入れられるようになります。

 

まだまだニューヨーク州のスポーツベッティングは下火になる気配すら見えません。この法改正が行われれ、事業者が増えることでより一層スポーツベッティングファンが増加し、今まで以上にアメリカスポーツの活性化に繋がるでしょう。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。