心と体のメンテナンス

「死ぬまで元気」のための「5つのM」(前編)

健康寿命と「5つのM」
目指せ、ピンピンコロリ

 

Q. 健康寿命について教えてください。

A.

独立して生活することができ、支障のない日常生活が送れる期間を、健康寿命と言います。世界の男性の平均寿命は80歳、女性は86歳ですが、それに対して健康寿命は男性が71歳、女性が74歳と言われます。平均寿命と健康寿命のギャップは9年以上あり、これがなかなか縮まりません。

人間は皆、健康で長生きしたい、ピンピンコロリをと願いますが、それはつまり健康寿命をいかに伸ばすかです。米国の老年医学専門医が患者を診る際の指針に、「5つのM」があります。そこには老化防止のコツが詰まっているので、ぜひ多くの老若男女に知ってほしいと思います。

ウェビナー動画のリンクはこちらから

 

Q.「5つのM」とは何ですか?

A.

元気な高齢者になるための5つの因子であり、チェックポイントです。①Mobility(身体機能)、②Mind(精神、認知機能)、③Medication(薬)、④Multi-complexity(多様な疾病、社会的ニーズを持った状況で、それらをいかに予防していくか)、⑤Matters Most to Me(生きがい、価値観、治療目標)。

要は、体が思うように動き=①、気持ちも元気で=②、必要に応じて上手に薬と付き合いながら=③、病気を予防し=④、目標や生きがいを持って生きる=⑤、ということですね。

参考までに、高齢になっても元気な人、老化しにくい人には共通点があります。それは、男女ともタバコを吸わず、健康的な食生活と運動を習慣付けていること。詳しくは左上の表を参照してください。

 

Q. 「5つのM」①Mobility(身体機能):健康寿命を伸ばす運動 ・ 量は?

A.

患者さんからもよく聞かれますが、私は逆に「どんな運動なら続けられますか?」と聞くようにしています。運動はその種類や量よりも、継続して日常生活に取り入れることが重要だからです。

「死亡リスクの低減」のためには軽めのウォーキングを1日1万歩と言われる一方で、心臓学会は週3回1日50分の軽めの運動を推奨するなど、諸説あります。重要なのは、「ゼロ(全く運動しないこと)」から脱出すること。ちょっとでも生活に運動を取り入れ、継続的に行うことで、死亡リスクが大幅に低減することが分かっています。毎日50分が無理なら、週末だけでもいいのです。ただ、1、2週間やってやめてしまっては意味がありません。

 

Q. 「5つのM」②Mind(精神、認知機能):治る認知症がありますか?

A.

家族や友人が最近物忘れするようになったからと、認知症だからもう治らないと決めつける必要はありません。その原因によっては、症状を改善できます。

「治る認知症」の原因には、ビタミンB12/B1欠乏症、うつ病、薬剤性、睡眠時無呼吸症候群、甲状腺機能低下症、ナトリウムやカルシウムの異常があります。私の患者さんでも、ビタミンB12を補充したことで物忘れが改善した人がいます。ちなみにビタミンB12欠乏症は、長期間胃薬や糖尿病の薬を飲んでいる人に起こりがちです。認知障害の初期段階で、なるべく早く検査を受け、その原因を知ることが大事です。

一方で、アルツハイマー病や脳血管障害、パーキンソン病、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症は治すことはできません。米薬品医薬品局(FDA)が年明け、アルツハイマー病新薬レカネマブを認可しましたが、治療の状況を大きく変えるものにはならないでしょう。(後編につづく)

 

 

 

 

 

 

山田悠史先生
Yuji Yamada, MD
_________________
米国老年医学専門医/マウントサイナイ医科大学老年医学・緩和医療科所属。
2008年慶應義塾大学医学部卒業。
東京医科歯科大学医学部附属病院などで研修。
15年からマウントサイナイ大学ベスイスラエル病院内科研修医。
20年から同大学病院老年医学フェロー。
22年から同大学アシスタントプロフェッサー。
著書に「最高の老後 『死ぬまで元気』を実現する5つのM」(講談社)。

 

Icahn School of Medicine at Mount Sinai
Brookdale Department of Geriatrics and Palliative Medicine
1 Gustave L. Levy Pl.
TEL: 212-241-6500

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。