ドクターベルモンテが教えるウェルネス道

ニキビ、シワ、シミに 美容鍼で気分もアップ

今月のテーマ:大人気の美容鍼 奇麗になって心も体も元気に(Vol. 13)

不調が起きやすい今だからこそ、さまざまな体のメンテナンスが大切だ。健康でいるための生活のポイントを、カイロプラクターのドクターベルモンテが教えてくれる連載。


明けましておめでとうございます。おかげさまでこのコラムも1年続けることができました。 心からお礼を申し上げます。 本年もどうぞよろしくお願い致します。

さて前回は、 当院に新しくカイロプラクター/東洋医学専門医 (鍼 ・ 漢方) のリン ・ チ ャン先生が加わり、 私自身、 鍼治療を定期的な体のメンテナンスに取り入れることを新年の抱負にしたと話しました。

今回は、 そのチャン先生に美容鍼に ついて話を聞きます。 これが実に患者さんの間で人気が高く、 正直びっ くりしています。

当院は、 あくまでも痛みの治療を軸に、 ウェルネスサービスを提供しているので、 美容というのはちょ っと違うかもと思っ ていたのですが、 ある時患者さんから次のように言われ、 目が覚 めました。

「あら先生、 美容鍼で美しく若返っ て、 気持ちがウキウキ ・ 晴れ晴れすると、健康にもいいのよ。 美容と健康は一 体のものです」

はい、 本当にその通りですね。 美容もウ ェ ルネスの一環です。 というわけで、 チャン先生に鍼治療がどういうメカニズムで美容につながるのか、聞いてみました。

 

 鍼で循環促し細胞を刺激

まず、患者さんからどんなリクエストが来るかというと、フェイスリフト、シワ取り、目の下のクマの解消、シミ取り、ニキビの緩和などです。

最もリクエストが多いシワ取りとフェイスリフトについて、チャン先生いわく「加齢により肌のコラーゲン生成が減るためにシワができ、 肌がたるみます。 鍼によっ て気と体液の循環を良くすると、 細胞が刺激され、 コラーゲン生成が促進されます。 その結果、 肌に張りが戻り、 シワも目立たなくなります」 とのことです。

当然ですが、 ボトックスのように一気にシワを取ることも、 形成外科医によるフ ェ イスリフト手術のように一気に引っ張り上げることは、 美容鍼ではできません。 毎週通っ てもらい、 効果を実感するまでには最低6〜8回の施術が必要だそうです。

また、 美容鍼によっ てボトックス効果を長持ちさせることもできると、 チャン先生は話しています。 「ボトックスを受けてから2、 3週間待っ て、 美容鍼を受けられることをお勧めします」 との こと。

ニキビは、 男女とも思春期の患者さんもいれば、 大人のニキビで悩む成人の患者さんもいます。 ニキビの鍼治療も、 血液 ・ 体液の循環を良くすることで患部への血流を促し、 早期改善を促すというメカニズムだそうです。

ニキビ以外は、 基本的にアンチエイジング的な目的で来られる中高年の女性の患者さんが圧倒的に多いですが、 チ ャン先生は 「若いうちから美容鍼を受け、コラーゲンの生成を活発にし、 その生成機能を維持することで、40代以降のシワやシミの予防にもつながります」と話しています。

 

顔に鍼を刺して、そのまま約30分横になる。続いては刮痧(guasha=グアシャ/カッサ)という中国古来の道具を使い、皮下の毛細血管を開いて老廃物を排出する(写真の患者は編集部モデル)

 

刮痧で肌の老廃物を排出

チャン先生は鍼の他に、刮痧(guasha=グアシ ャ/ カッサ) という翡翠 (ひすい=jade)でできた小さい ヘラ状の道具を使います。 「刮」はこする・削る、「痧」 は滞った悪い血液や老廃物という意味。つまり刮痧は、皮膚のの経絡やツボをこすることで皮膚に刺激を与え、毛細血管を拡大し、 皮下の老廃物を排出します。 中国伝統医術の一 つで、 安全で即効性がある民間療法として、 疾病予防や健康維持、美容分野で広く使われてい るそうです。

鍼を取り除いた後、 オイルを顔に馴染ませ、 刮痧を顎から耳に向けて滑らせたり、 こめかみのツボを押したりして、 顔の皮膚を浄化していきます。美容鍼は時間と根気が必要ですが、 自然な方法で美しくなりたいという人に、 とても喜んでもらっています。

 

 

ジョン・J・ベルモンテ 先生
John J. Belmonte, DC

E. 53 Wellness院長。
カイロプラクター(Doctor of Chiropractic)。
全米カイロプラクティック協会会員、ゴルフPGAツアー・スポーツ医学チーム所属。
アスリートのけがの治療、妊娠中の痛みの緩和、成長期の子供のカイロ治療も手掛ける。

 

E. 53 Wellness
211 E. 53rd St./TEL: 212-980-4211
e53wellnessnyc.com


今月の教訓!

「案ずるより産むがやすし」

患者さんの中には、鍼を刺されるのが怖いという人もおられます。しかも美容鍼は顔に鍼を刺すので余計に怖いと。そういう人に無理に試せとは言
いませんが、それでも勇気を出して試した患者さんは大体「刺すときにちょっとチクっとするだけで、痛くありませんでした」と言われます。鍼治療は、鍼を刺し終わると、照明を落とした治療室のベッドでしばらく横になってもらいます。その間は瞑想するという患者さんも多くおられます

リクエスト募集中▶ドクターベルモンテへの質問や取り上げてほしいテーマについてはeditor@nyjapion.comまで!

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。