心と体のメンテナンス

ペットロス〜後悔しないためにできること(前編)

ペットの終末期治療と介護
費用対効果も考慮に入れて

 

Q. ペットの死後の飼い主の後悔とは?

A.

私が勤務する動物病院、往診サービス、専門師に送った患者から話を聞いたところ、以下の8つが多く聞かれました。①治療の選択の際、病状についての知識に自信がなく、適切な時期に適切な判断ができず、治療が遅れた、②飼い主のエゴでペットの苦痛を長引かせたのではないか、③上手に投薬できなかった、④安楽死を選択した、⑤治療費が出せなかった、⑥収入に合わない治療計画を選択した、⑦最期に一緒にいてやれなかった、⑧日頃の歯磨きを怠った(食欲はあっても、最後は歯痛のため食べることができなくなったケース)。

Q. 後悔しないために、できることは?

A.

後から「別の治療法を選んでいれば」という後悔を持たないためにも、ペットの病状について理解することは大事なことで、それには獣医師とのコミュニケーションをしっかり取ることです。英語で説明されて理解できなければ、Eメールで説明を送ってもらいましょう。そうすれば、後で辞書を引きながら調べることができます。せっかくお金を払って診てもらっているのですから、疑問があれば獣医師に連絡して聞いてください。

専門医に送られた場合は、治療前のコンサルテーションは重要です。専門医というのは、検査と治療のオプションをたくさん提示し、往々にして高額になります。しかし、それを全部やりなさいと言っているものではないので、プレッシャーを感じる必要はありません。費用、時間、ペットへの負担、残りの時間の予測(予後)など、専門医、主治医、家族と相談して、決めるのは飼い主です。

飼い主の後悔⑤と⑥に関係することですが、高額治療を提示された場合、「費用対効果」をクールに、合理的に考えることも重要です。高いお金を払える飼い主がいい飼い主ではありません。ペットの年齢や状態、QOL(生活の質)も考慮すべきです。がんの治療の場合、主治医の下で緩和医療を受ける選択肢もあるのです。

 

Q. 安楽死についてどう思われますか?

A.

安楽死=殺処分と考える人がいますが、それは違います。安楽死はあくまでも治療選択肢の一つであり、私は「尊厳死」という言い方の方が実態に即していると思います。医学的にできることが何も残されていないのに、なかなか死ねない病気もあるのです。痛みと苦しみからペットを解放するための安楽死が、最良の選択となるケースは少なくありません。家族で話し合って決めることが大事だと思います。

安楽死は飼い主の責任逃れだという人もいますが、これも違います。安楽死という苦渋の選択をし、ペットの最期の瞬間に立ち会うということは、飼い主としての責任を全うしているということ。「責任逃れだ」などと言う人が近くにいれば、聞く必要ないし、そういう人を近くに置かないようにしましょう。

関連で、ペットの闘病の様子をSNSに投稿する人がいますが、私はお勧めしません。飼い主の後悔②も、SNSで心ないコメントを受け取ったのではないかと思います。

 

Q. ペットを飼うときの覚悟について一言。

A.

「腹をくくること」。ペットを飼うことと、ペットを看取ることはセットです。ペットが飼い主よりも先に逝くのは当然で、飼ったからには看取ることが飼い主としての責務。ペットの一生を、丸ごと引き受ける気持ちと覚悟が必要です。(後編につづく)

 

 

 

 

 

 

添田晋吾先生
Shingo Soeda, DVM
_________________
日本・米国の獣医師。
アニマルシェルター兼動物病院ヒューメイン・ソサエティー・オブ・ニューヨーク勤務。
山口大学獣医学部卒業後、日本の動物病院で6年間勤務。
来米後、ニューヨーク市の総合動物病院アニマル・メディカル・センターで研修。
2007年、米国獣医師免許取得。
小動物鍼灸学修了。
特にペットの終末医療に力を入れている。
「Link Up Veterinary Care」を立ち上げ、往診サービスも提供。

 

Humane Society of New York
306 E. 59th St.
(bet. 1st & 2nd Aves.)
TEL: 212-752-4840
humanesocietyny.org

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。