心と体のメンテナンス

コロナ禍、まだまだ油断大敵(前編)

十分つらいオミクロンの症状
続けよう、コロナ予防対策

Q. コロナ禍の現状をどう思われますか?

A.

7月現在オミクロン株の亜種BA・5が全米でまん延していますが、行政のマスク着用ガイドラインも「奨励」にとどまり、長引くパンデミックで疲弊した人々の意識も高いとは言えません。米疾病管理予防センター(CDC)他医療機関は、今年秋冬のさらなるまん延を危惧しています。医療者として、「コロナ禍は終わっていない。油断するのは早い」と言わざるを得ません。

私が働くクリニックでは、日本への渡航書類としての新型コロナウイルス陰性証明を発行しており、そのための検査を行っていますが、パンデミックが始まって2年半になる今も、陽性結果が出た人の反応は初期の頃と何ら変わりません。皆さん一様に驚かれ冷静さを失われます。こうした状況に日々接していると、今一度新型コロナへの対策をおさらいし、実践しましょうと呼び掛ける必要を感じています。

 

 

「C」はコントロールライン。陽性でも陰性でも現れる、検査がきちんと行われていることを示すライン。陰性か陽性かの結果は「T」で示される。写真左が丹波先生の5月4日の陰性結果、右が6日の陽性結果。連邦政府のホームキット注文サイトはspecial.usps.com/testkits

Q. 丹波先生ご自身、今年5月に感染されたそうですが、その時の体験を話していただけますか?

A.

私はワクチンを2回接種し、追加接種を1回受け、職場では医療用サージカルマスクを着用。感染が疑われる患者さんの診察に当たる際はN95マスクとフェースシールド、ガウンも着用し、手洗いも徹底していますが、CDCが定義するところの「ブレークスルー感染」となってしまいました。オミクロンは重症化しないといわれますが、実際は相当苦しいです。読者の皆さんに警鐘を鳴らす意味で、以下に経緯をお話ししましょう。

私は医療従事者なので、自宅の抗原検査キットで頻繁に検査しています。5月4日には陰性でしたが、5日の晩から喉の違和感が始まり、6日に陽性結果が出ました。その後喉の痛み、悪寒などの症状が悪化。7、8日は、熱は低いのですが倦怠感、ふらつき、咳と痰で、 検査もできないくらい症状が重く、つらい思いをしました。9日から症状が緩和し始め検査を再開しましたが、10日もまだ陽性。13日には陰性になりましたが、念のため別のキットで検査をするとまだ陽性でした。最終的に陰性を確認できたのは5月15日。陽性結果が出てから9日目です。

オミクロン株は、今のワクチンでは感染そのものを予防することはできません。それでも、接種していれば入院するほどの重症化を防ぐことができます。まだ接種していない人は接種を、追加接種を受けていない人はぜひ受けていただきたいと思います。

Q. ホームキットについて教えてください。

A.

政府から無料で配付されているホームキットは、ほとんどが抗原検査キット(今週の英単語参照)です。抗原検査キットは、薬局やオンラインでも安価に購入できますし、保険プランによっては購入費をカバーするので、最も入手しやすいものになります。PCR検査も販売されていますが、75〜120ドルと高額です。

ホームキットを使う場合は、説明書をよく読み、従ってください。左上の写真が示すように、どのキットにも検体(鼻腔から採取し、キット付随の検査液で処理した液体)を注ぐ場所「S」と、結果が表示される場所「CとT」があります。「C」はコントロールラインといって、陽性でも陰性でもラインが現れます。大事なのは「T」のライン。これがくっきり出ようと、ごく薄く出ようと、陽性を意味します。薄いから大丈夫ではないので、注意してください。(後編につづく)

このコラムの内容は、フィラデルフィア日本人会主催の新型コロナウェビナー(6月開催)から。動画リンク:youtube.com/watch?v=iyw74dfaMt8

 

 

 

 

 

 

丹波靖子先生
Yasuko Tamba, FNP
_________________
家庭医療、プライマリーケア(一般診療科・家庭医学科・内科・小児科・婦人科)専門FNP(Family Nurse Practitioner)。
認定創傷ケアスペシャリスト。
成田赤十字看護専門学校卒、テンプル大学看護学部学士課程卒、トーマス・ジェファーソン大学看護学部修士課程卒。
日本での経験を生かし、生活習慣病治療や予防へのアドバイスを提供。
乳がん、子宮がん検診を担当。

 

 

Japanese Medical Center
315 Madison Ave., 17th Fl.
(bet. 41st & 42nd Sts.)
TEL: 212-365-5066
inquiry@jmedical.com
jmedical.com

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1164

魅惑の夜市 クイーンズ・ナイト・マーケット

ニューヨークの夏ではさまざまなストリートフェスが楽しめるが、現在開催中のクイーンズ・ナイト・マーケットが見逃せない。今号では、世界各地のB級グルメが楽しめる同イベントの魅力を網羅する。

Vol. 1163

ビジネスオーナー必見

知らないと損する!アメリカ政府からの税額控除について

Vol. 1162

夏だから挑戦! 男のソロキャンプ

YouTubeなどでも今話題なのがソロキャンプ。今号は、その魅力とソロキャンプに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。

Vol. 1161

ひんやり甘ーい ニューヨークのスイーツで夏気分!

7月はアイスクリーム月間って知ってた? 夏真っ盛りのうだるような暑さには、冷たくて甘〜いアイスがぴったり。ということで今号はアイスクリームに目がないニューヨーカーに大人気のひんやりスイーツを一挙に紹介!