ドクターベルモンテが教えるウェルネス道

背骨の美しいカーブを維持 朝晩ベッドでできる体操も

今月のテーマ:チャチャっとできるS字カーブ・エクササイズ(Vol. 7)

不調が起きやすい今だからこそ、さまざまな体のメンテナンスが大切だ。健康でいるための生活のポイントを、カイロプラクターのドクターベルモンテが教えてくれる連載。


先月は、首から腰までが緩やかに「S字」にカーブしていることを話しました。このカーブがなくなり、背骨や首が真っすぐになってしまうと、外部からのショック吸収力が減退し、頭痛や腰痛などさまざまな健康上の弊害を招きます。

そこで今回は、当院の日本人理学療法士・城戸亜幹絵(あきえ)が、背骨のS字カーブを保つ/取り戻すための、簡単なエクササイズをご紹介します。写真の②骨盤体操、③寝転びツイストは寝る前や、朝目覚めた時にベッドに寝たままでできるので、ぜひ朝晩の日課にしてください。①猫ポーズと④耳肩ラインは、仕事の合間や、自宅でリラックスしている時に意識してやってみてください。全て短時間でチャチャっとできるものばかりです。

簡単S字エクササイズ

①猫ポーズ=よく知られたヨガのポーズです。両膝を腰幅に開き、両手は肩の真下。四つんばいの状態で、息を吸いながら胸を前に押し出すイメージで背骨を反らせます(腹部は床方向に、尾骨は天井方向に。頭は上げて天井を見る)。次に、息を吐きながら背骨を丸めます(腹部も尾骨も先ほどとは逆方向に。頭は下げて腹部を見る感じで)。「1、2、3」のカウントで呼吸に合わせて反りと丸めるのを10〜12回。1日何セットでもやってください。

②骨盤体操=腰幅に膝を立てて寝転び、息を吐きながら腹筋の力で、骨盤を肋骨方向に引き上げます。自然に背中が床に押し付けられ、骨盤が少し床から浮くイメージで。次に、息を吸いながら逆の動きをします。骨盤を床に押し付け、骨盤のすぐ上の背骨と床の間に空間ができるイメージで。ごく小さな動きです。「1、2、3」のカウントで、呼吸に合わせて10〜12回。夜寝る前と、朝起きた時にベッドの上でやってもいいですが、ヨガマットやカーペットの上の方が、骨盤の微妙な動きを実感できると思います。

③寝転びツイスト=横向きに寝て、上の膝を体の前で90度に曲げ、上の腕を逆方向に開き体をツイスト、顔も逆方向を見てください。そのまま深呼吸を2回、逆サイドも同じように。左右2回セット。痛みに耐えるほどツイストするのではなく、「痛気持ちいい」程度に。朝晩ベッドの上でぜひやってほしいエクササイズです。夜はよく眠れ、朝は目が覚めますよ。

④耳肩ライン=目線は真っ直ぐ。背筋を伸ばし、頭は天井から吊られている感覚で後方に引き、顎も引きます。肩も後方に引き胸を開きます。こうすると、耳と肩が上下同じラインに真っすぐになるはずです。この状態を3秒キープから始め、徐々に10秒くらいキープできるようになりましょう。10回セットで。耳と肩が同じラインにあるか、最初は誰かに横から見てもらうといいでしょう。感覚をつかめたら、自分一人でできます。立っても座ってもできるエクササイズです。

この他、タオルを首に掛け、両端をつかんで体の前方にタオルを引き、頭をそれとは逆の後ろに傾けることで、骨のカーブを促すストレッチもあります。ストレートネックの予防にもなります。タオルがなくても大丈夫。両手の指3本(人差し指、中指、薬指)を、首の真ん中くらいの位置で骨の両脇につけ、内側に指で押すようにしながら、頭を後方に倒します(写真⑤)。

ストレートネック対策

ストレートネックや背骨のカーブがなくなる原因は、悪い姿勢を長く続けることです。大人も子供も、毎日仕事や勉強で、背中を丸めて椅子に座り、首を前に突き出すようにしてコンピューター画面を見てしまいがち。そうじゃない時は、暇さえあればスマホの画面を見ているのが現代人です。これでは美しい背骨のカーブは年月と共になくなってしまっても仕方ありません。

 

 

 

 

ジョン・J・ベルモンテ 先生
John J. Belmonte, DC

E. 53 Wellness院長。
カイロプラクター(Doctor of Chiropractic)。
全米カイロプラクティック協会会員、ゴルフPGAツアー・スポーツ医学チーム所属。
アスリートのけがの治療、妊娠中の痛みの緩和、成長期の子供のカイロ治療も手掛ける。

 

E. 53 Wellness
211 E. 53rd St./TEL: 212-980-4211
e53wellnessnyc.com


今月の教訓!

「検索キーワードはLumber Support」

背骨のS字カーブの維持には、長時間座る椅子も見直すべきです。最新型の背骨サポート機能がついた仕事用椅子がベストなのでしょうが、手軽な対策として、今ある椅子にサポートグッズを置くのも一手です。オンラインで検索するときのキーワードは「Lumber Support」。実にいろいろな商品が販売されており、車の運転席にも使えます。値段も、20〜80ドルくらいでお手軽。とにかく、何か背骨にいいことを始めてみましょう。

リクエスト募集中▶ドクターベルモンテへの質問や取り上げてほしいテーマについてはeditor@nyjapion.comまで!

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1179

今年も始まるホリデーシーズン とっておきのクリスマスギフトを見つけよう!

もうすぐクリスマス。ギフト選びに苦戦する人も少なくないはず。大切な人に喜んでもらえるものを、心を込めて贈りたいですよね。そこで今年人気のあるギフトの紹介からラッピング情報まで編集部がリサーチ。

Vol. 1178

知りたい! ペンステ改装計画

パンデミックの収束とともに、ニューヨークにも本格的ににぎわいが戻ってきた。今週は30年越しのリニューアル計画で活気付くペンステーションに迫る。

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!