ドクターベルモンテが教えるウェルネス道

2足歩行の人間だからこそ 背骨は「S字」カーブ必須

今月のテーマ:首から背骨、腰までのS字カーブ(Vol. 6)

不調が起きやすい今だからこそ、さまざまな体のメンテナンスが大切だ。健康でいるための生活のポイントを、カイロプラクターのドクターベルモンテが教えてくれる連載。


いよいよ本格的な夏ですね。皆さんはいかがお過ごしですか。前回はこのコラムで頭痛を取り上げ、「ストレートネック」が非常にマズイという話をしました。今回は、首も含め背骨が緩やかにカーブしていることの大切さについて一緒に考えてみましょう。

背骨の「S字」カーブは、外部からの衝撃を吸収し、体を守っている。「赤ちゃんのハイハイはとても大事な第一歩。この頃からS字カーブが本格的に形成されます」とベルモンテ先生

ストレートネックとは

仕事や勉強で、コンピューター画面に向かって首を突き出すような姿勢を長時間続けていると、頚椎(けいつい=脊柱の首の部分)の緩やかなカーブがなくなり、「ストレートネック」になります。首の骨は適度にカーブすることで、首にかかる衝撃を吸収し、重い頭を柔らかく支えています。ストレートネックになると、そのショック吸収力が減退し、首の骨周りの神経や筋肉に負担がかかり、頭痛の原因になることは前回お話ししました。

人間の脊柱は本来、首から胸部、腰まで「S字」状に緩やかにカーブしています。生まれた時は「C」カーブで、成長と共に「S字」カーブに変わってきます。

赤ちゃんがお母さんの中にいる胎児期は、体全体を丸めていますから、背骨は「C」カーブですね。生まれてからしばらくはそのままですが、首が据わる時期になると首の骨の部分に「C」と逆のカーブができ始め、なんとなく「S字」っぽくなります。その後ハイハイするようになると、首をぐっと持ち上げて頭を上げますが、実はこれがとても大事な動きで、これによって首に〝しなり〟ができます。1歳前後で立って歩くようになると、首と背骨の「S字」カーブの出来上がり。「S字」カーブは「生理的湾曲」と言われます。

「S字」カーブの役割

背骨が緩やかな「S字」にカーブしていると、背骨周りの筋肉がリラックスした状態で、外部からの衝撃も吸収してくれます。ところが成長過程で、頭を前に突き出すような姿勢を続けていると、大人になる頃には首のカーブも背骨のカーブもなくなり、真っすぐになってしまうことがあります。ひどい時は「C」カーブに逆戻りしてしまうこともあります。

さて皆さん、日常を振り返ってみてください。一日中椅子に座り、首を前に突き出してコンピューター画面をのぞき込み、背中と腰を「C」型に曲げていませんか? 週末は一日中、背を丸めてカウチに座ってテレビを見ていませんか? 立っている時も、腰とお腹を前に突き出すようにして、背中を「C」型に曲げていませんか?

そういう日常を続けていると、背骨のカーブがなくなります。そうすると背骨周りの筋肉に負担がかかるので、筋肉が凝り、神経を圧迫して腰痛になります。

ちなみに、ヒトに近いとはいえゴリラや猿は足と両手を使う4足歩行なので、「S字」カーブでなくても平気です。人間が「S字」カーブを必要とするのは、2足歩行だからです。人間はスイカほどの大きさの重い頭を体のてっぺんに置いて、2本脚で立って生活しています。走ったり歩いたりしたときに、地面から背骨を通って頭(脳)に届く衝撃は、じっとしている時の数倍です。そしてその衝撃を、柔らかく湾曲した背骨は吸収することができますが、真っすぐだとまともに頭(脳)が衝撃を食らってしまうのです。湾曲があることで、真っすぐな状態に比べて約10倍の衝撃に耐えられると言われています。

さらにいえば、背骨が緩やかな「S字」にカーブしていると、内臓が正しい位置に収まっているということ。心臓、肺、肝臓と胃の一部は、胸椎と肋骨、胸骨で守られています。背骨が「S字」カーブを描いているときは、これらが正しい位置にあり、しっかり臓器としての役割を果たし、腹部にある腸も圧迫されずに済むのです。

 

 

 

 

ジョン・J・ベルモンテ 先生
John J. Belmonte, DC

E. 53 Wellness院長。
カイロプラクター(Doctor of Chiropractic)。
全米カイロプラクティック協会会員、ゴルフPGAツアー・スポーツ医学チーム所属。
アスリートのけがの治療、妊娠中の痛みの緩和、成長期の子供のカイロ治療も手掛ける。

 

E. 53 Wellness
211 E. 53rd St./TEL: 212-980-4211
e53wellnessnyc.com


今月の教訓!

「目指せ、S字カーブ!」

姿見の前で、体の横が映るように立ち、背中の「S字」カーブがあるか、自分で見てみましょう。「ある!」と思って安心しないように。最近の仕事用の椅子は、背中や腰をうまく支えるようにデザインされたものも多いですし、普通の椅子でも、ちょっとした小道具(背中の腰の部分と椅子の間に置く筒状のクッションとか)を活用することで、背骨のカーブをサポートできます。歩くときも前屈みにならないよう、体を起こし、前をしっかり見ましょう。

リクエスト募集中▶ドクターベルモンテへの質問や取り上げてほしいテーマについてはeditor@nyjapion.comまで!

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!

Vol. 1175

いよいよ開幕!ワールドカップ攻略ガイド

今月20日に開幕するワールドカップカタール大会。次の2026年大会ではアメリカ・カナダ・メキシコの3カ国共催が決定し、ここニューヨーク・ニュージャージーで試合が行われることからも注目度が高い。今号を読んでワールドカップ観戦前の予習をしておこう!

 

Vol. 1174

11月8日まで秒読み 中間選挙について知りたい

大統領選挙と並んで米国政治の行方を左右する中間選挙が目前だ。有権者が重視する問題、ニューヨーク州と勝敗の鍵を握る注目州の候補者について解説する。