心と体のメンテナンス

子どもの近視と矯正・進行抑制方法(前編)

5歳くらいまでほぼ遠視
近視は遺伝と環境が要因

 

Q.アメリカでの視力度数の表し方は?

A.

ご存じのように、日本とアメリカでは度数の表し方が違います。日本から来られた人がよく混乱されるのがこの視力表記です。日本では「1・2」とか「0・5」というふうに表しますが、アメリカは分数表記です(左表参照)。アメリカ表記の分子を分母で割ると、日本の表記に変換されます。例えば、「20/100」は「20÷100=0・2」となります。

アメリカでの「正常視力」は「20/20」で、日本の「1・0」に相当します。アメリカでは検眼時に正常視力なら、それ以上は測定しません。余談ですが、1978年から続いている米テレビ局ABCの報道番組「20/20」は、「(報道するトピックに)フォーカスする」という意味で、視力度数の正常値「20/20」から命名されたものです。

関連ですが、コンタクトレンズやメガネの度数を表すときの単位は「ダイオプター(diopter)」で、頭文字の「D」で表記されます。そして、「+(プラス)」が遠視用で、「―(マイナス)」が近視用。左上の表はあくまでも目安で、この通りに処方されるわけではありませんが、視力が日本表記で0・1の場合は、コンタクトレンズの度数は「D―(マイナス)4」となります。

※「あくまでも目安。このまま処方されることはありませんし、コンタクトとメガネでも度数は異なります」(遊馬先生)

Q. 子どもの成長と視力の発達について教えてください。

A.

生まれたばかりの赤ちゃんの目は、まだ十分に見えていません。生後3カ月くらいから物にピントが合うようになり、4~6カ月くらいで色が分かるようになります。4、5歳までは、ほとんどの子供は遠視です。なぜかというと、子供は体も頭も小さい分、眼球のサイズも小さく、外から眼球(水晶体)を通して入る光の焦点が網膜の裏に合うため、遠くは見えますが近くはボヤッとか見えないのです。焦点が網膜に合うようになるのが、4、5歳くらいからです。この時期に、大体みんな「正常視力」になります。

近視になり始めるのは小学校に入るくらいの年齢から。小3~6年生で進行が速まり、16、17歳で少し減速します。20代半ばで進行は止まるといわれますが、30代になっても進行する人もいます。LASIKなどの近視矯正手術を受ける場合は、考慮が必要です。

 

Q. 近視の原因は? 近視は増えていますか?

A.

以前は、近視の原因は遺伝要因だけだと思われていました。確かに遺伝要因は大きく、両親または親のうち一方が近視の場合、子供も近視になる可能性が高いことは事実です。しかし、現在は遺伝に加えて、生活環境なども影響しているという認識に変わっています。遺伝要素は全く同じはずの一卵性双生児182組の視力の変化を調べた研究で、双子の視力に「D3・5~5・5」の違いがあることが示されました。

さらに、日本を含む東アジアは、全年齢層で他の地域より近視の比率が高まっています。東アジア諸国では、今の子どもたちが成人する頃には、近視の比率が80~90%になると考えられています。2020年の世界の近視人口は約25億人(世界人口の3分の1)でしたが、2050年までには推定50万人(世界人口の約半分)になると推定されています。

なぜ東アジア諸国で近視が多いのかは明らかになっていませんが、遺伝要因、社会環境要因、生活習慣要因など、さまざまな要因が関係していると報告されています。(後編につづく)

 

 

 

 

 

 

 

遊馬吉右衛門先生
Kichiemon Asoma, MD
_________________
眼科専門医師(Board Certified)。
ニューヨーク州立大学(SUNY)ダウンステート医療センターで眼科研修を修了。
専門は、白内障、緑内障、糖尿病網膜症、網膜剥離、加齢黄斑変性症、ドライアイ、アレルギーなどの目の病気と症状の治療、メガネ、コンタクトレンズの処方など。
レーザー照射による近視矯正手術(LASIK、PRK、LASEK)、角膜移植、角膜内皮移植(DSAEK)の特別訓練を修了。
SUNY臨床助教授。

 

 

Apple Ophthalmology
8 W. 38th St., #201
(bet. 5th & 6th Aves.)
TEL: 212-500-1148
www.appleophthalmology.com

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!

Vol. 1175

いよいよ開幕!ワールドカップ攻略ガイド

今月20日に開幕するワールドカップカタール大会。次の2026年大会ではアメリカ・カナダ・メキシコの3カ国共催が決定し、ここニューヨーク・ニュージャージーで試合が行われることからも注目度が高い。今号を読んでワールドカップ観戦前の予習をしておこう!

 

Vol. 1174

11月8日まで秒読み 中間選挙について知りたい

大統領選挙と並んで米国政治の行方を左右する中間選挙が目前だ。有権者が重視する問題、ニューヨーク州と勝敗の鍵を握る注目州の候補者について解説する。