知っておきたい女性のヘルスケア

第6回 進化し続ける乳がん治療

女性のがん患者に寄り添うジャパニーズ・シェアがお届けする連載。アメリカで暮らす女性に役立つ最新医療情報を発信する。


私が乳がん患者さんのサポートミーティングを始めた2013年に、「アメリカ人の乳がん発症率は、以前は5人に1人だったのが、今では8人に1人に減少したのだけれど、日本人の割合はどのくらいなの?」という質問をされ、「18人に1人」と答えたことを覚えています。

残念ながら当時の日本は、乳がんに対する関心が先進国の中で最も低い国だと言われていました。

その頃から、日本での乳がんの発症率はどんどん増えていき、現在では日本人女性の9人に1人が乳がんと診断されるようになり、アメリカ人女性とほぼ変わらない数字になっています。この背景には日本でも、マンモグラム検診を受ける人が増え、発見される乳がんの数が増えたこともあると思います。

しかし、アメリカや韓国でマンモグラム受診率が80%前後であるにもかかわらず、日本国内の40歳以上の女性の受診率は、50%にも満たないのが現状なのだそうです。ちなみに在米アジア人は、アメリカに長く住んでいる人ほど乳がんの発症率やタイプが、白人の状況と似てくるというデータもあります。

乳がん治療の進化

私がサポートミーティングを始めてから8年の間に、乳がんの治療は大きく変わってきています。13年といえば、女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが、乳がんを発症する可能性の高い遺伝子の変異を持っていたため、両側の胸を切除したという衝撃的なニュースが、乳がんに対する意識を変えさせるほどの大きな議論を呼びました。その頃は彼女の影響で、がんの部分摘出手術をせず、あえて全摘出手術をして再建手術をすることを選ぶ女性の数が倍増したそうです。しかしその後の研究結果で、腫瘍だけを取り除いても乳房を全摘出しても、再発率が変わらないことがわかりました。全摘出手術が体に与える負担の大きさを、医師がテレビで伝えているのを見たことがあります。

今はFDA(アメリカ食品医薬品局)から認可された治療薬の種類が増え、髪が抜けてしまう抗がん剤だけでなく、がん細胞だけを標的にする薬や、がんの増殖を防ぐ薬なども開発されています。

また、ステージ4と呼ばれる病期は「末期がん」と言われた時代もありましたが、現在では「転移がん」と呼ばれるようになり、新薬の開発のおかげで治療を続けながら生活ができる年数が長くなっています。

さらに、手術で摘出した腫瘍のタイプを調べることで、抗がん剤治療が必要であるかどうかまでわかるようになってきました。また、10年前から乳がんワクチンの開発も始まっており、研究が進んでいるようです。

定期検診で早期発見

しかし、乳がん治療に関しては、これだけの発展を遂げているにもかかわらず、それを発見するのは、マンモグラム検診か、婦人科検診などで乳房の異変を指摘されたりするか、自分で胸の変化に気付くケースがほとんどです。

マンモグラム検診は、一般診療医や婦人科医などからオーダーを出してもらい、放射線検診クリニックや病院内の放射線科に予約を取って受けますが、自分の胸が「デンスブレスト(高濃度乳線)」であるかどうかを必ず確認してください。デンスブレストは、アジア人女性に多く、マンモグラムの検診画像から腫瘍を発見しにくいタイプだといわれます。

もしデンスブレストだとわかった場合、医師にソノグラム(エコー/超音波検査)のオーダーも出してもらってください。数カ月前にマンモグラム検診をした時には問題ないと言われたのに、突然乳がんと診断されるケースは、ソノグラム検診を怠った場合によくあるようです。

乳がんは、早期発見により治療が軽く済むケースもあります。後回しにせずに、年に1回のマンモグラム検診を必ず受けるようにしましょう。

Japanese SHAREでは、企業や団体はもちろん、小さなグループへ向けた乳がん啓発セミナーを提供しております。早期発見のためにも、ぜひご利用ください。

 

 

 

 

今週の執筆者

ブロディー 愛子
Japanese SHARE 代表

2001年に乳がんを経験。
13年より米国非営利団体「SHARE Cancer Support」に日本語プログラムを設立。
これまでにサポートした日系人の数は2000人を越える。
ICF認定ライフコーチ、アーキタイパル・コンサルタントとしても活躍中。
alliswellcoaching.com

 

 

●ウェビナー●

がん哲学外来
〜患者をとりまく心のケア 2021〜

12月18日(土)午後8時〜9時30分開催!

一般社団法人がん哲学外来理事長の樋野興夫医師を講師に招き、治療中の患者とサバイバー、ケアギバー(パートナー、子供、親、友人、仕事関係者)から寄せられた不安や質問にアドバイスをしてもらう。参加は無料。

参加方法と詳細は下記ウェブサイトをチェック!

https://sharejp.org/schedule/ 2021/12/18

 

 

 

Japanese SHAREは、アメリカに住む、乳がん、卵巣がん、子宮がん患者さんを日本語でサポートする非営利団体です。

TEL:347-220-1110(日本語ヘルプライン)
Email: admin@sharejp.org
Web: sharejp.org

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1179

今年も始まるホリデーシーズン とっておきのクリスマスギフトを見つけよう!

もうすぐクリスマス。ギフト選びに苦戦する人も少なくないはず。大切な人に喜んでもらえるものを、心を込めて贈りたいですよね。そこで今年人気のあるギフトの紹介からラッピング情報まで編集部がリサーチ。

Vol. 1178

知りたい! ペンステ改装計画

パンデミックの収束とともに、ニューヨークにも本格的ににぎわいが戻ってきた。今週は30年越しのリニューアル計画で活気付くペンステーションに迫る。

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!