心と体のメンテナンス

新生児と子供のカイロ治療(後編)

成長期に有効なカイロ治療
子供の痛み、様子見禁物

 

Q. 子供の成長とカイロプラクティックについて教えてください。

A.

10〜13歳くらいの男女児を持つ親御さんに会うと、一度はカイロプラクティック(以下カイロ)健診にお子さんを連れてきてほしいと話をするようにしています。この年齢は、体が急激に成長し始める時期です。成長期の入り口ですね。同時に、スポーツなどの活動に熱中し始める時期でもあります。

この時期に子供が訴える痛みを、軽く受け止めることは避けたいです。部分的な痛みだけを見て、全体を見ないでいると、成長そのものに悪影響を与えるかもしれないし、大人になってからも問題が継続・悪化するかもしれません。ティーンエージャーの子供を持つ親御さんにお願いしたいのは、子供の訴えに耳を傾けることです。

カイロでは、体全体のバランスを診ます。「痛み」は症状に過ぎず、肝心なのはなぜ痛みがあるかです。

骨や筋肉が成長過程にあるティーンエージャーのカイロ治療は、成人の治療とは異なる。「成長期にカイロ健診を受けることは、体をベストな状態で成長させるために重要」とベルモンテ先生

Q. 成長痛とは主にどこが痛みますか?

A.

子供の骨を成長させる骨端(こったん)軟骨(成長板)がある部位が痛みます。つまり、膝や足首、腰など。これらは全て骨が成長する部位です。12歳から16歳くらいまで、特に男の子は短期間に急激に身長が伸びる子がいますが、こうした子供たちがスポーツをする時は注意が必要です。子供の体の成長について知識のない指導者の下で無理をすると、将来に大きく影響します。

この年齢の子供が痛みを訴える場合、スポーツ医学の専門医や、カイロプラクターに相談し、治療を受けることが勧められます。

 

Q. 子供の患者が訴える問題とは?

A.

当院はビジネス街にありますが、それでも乳幼児からティーンエージャーまで、実に多くのお子さんが、親に連れられて患者として来院します。膝の痛みを訴える12歳の野球少年や、腰や足首の痛みを訴えるフィギュアスケートの訓練生といった運動選手も多いですし、特にスポーツはしていなくても、「うちの子は立った時に体が傾いている」「一方の肩が上がっている」「いつも首が曲がっている」と、心配する親に連れられてくる子供もいます。

 

Q. 治療方法は大人と異なりますか?

A.

成長過程にある子供へのカイロ治療は、当然成人への治療とは異なるものになります。成長を阻害するようなことがあってはならないので。

子供の治療でカイロプラクターがすべきことは、まず正しい診断を下すこと。体全体の構造、姿勢、バランス、機能性をチェックし、子供が訴える問題や状態、痛みが、けがが原因か、体を酷使したための痛みか、関節や背骨の歪みが起因しているのか、または何らかの疾患があるのかなど、あらゆる可能性を踏まえて検査し、診断を下します。その上で、カイロ、理学療法、マッサージなどが有効な場合は、当院で治療しますし、手術が必要な場合は専門医を紹介します。

例えば、「踵(かかと)が痛い」といって来院したサッカー少年がいました。この少年にはカイロ治療で行うインソールを処方することがベストと判断。片方の踵にばかり体重がかからないようにし、左右のバランスを矯正。同時に足首を強化することで、踵の痛みを緩和することができました。靴のインソールの処方は、カイロプラクターの専門分野の一つです。

子供が訴える痛みの様子見は禁物です。体のバランスが悪いことによる足や膝の痛みは、腰の痛みにつながっていきます。

 

 

 

 

 

 

ジョン・J・ベルモンテ先生
John J. Belmonte, DC
_________________
写真左。
右は新生児カイロ治療担当のラルフ・キャスティグリオーニ先生(Ralph Castiglione, DC)。
ベルモンテ先生は、NYカイロプラクティック大学卒。
専門は、腰痛、肩凝り、首の痛み、頭痛、手足のしびれ・関節の痛みなど。全米カイロプラクティック協会会員、ゴルフPGAツアー・スポーツ医学チーム所属。
East 53rd Street Chiropractic and Wellness院長。

 

 

East 53rd Street
Chiropractic and Wellness

211 E. 53rd St. (bet. 2nd & 3rd Aves.)
TEL: 212-980-4211
e53wellnessnyc.com
※日本人スタッフ常勤

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。