心と体のメンテナンス

ADHDを知ろう : 症状と治療(後編)

60%は成人までに治る
投薬が治療成功のカギ

 

Q.ADHD(注意欠如・多動性障害)はどのように診断しますか?

A.

基本的には問診です。何歳から症状が始まったのか、どんな症状があるかなど、まず保護者に質問します。重要なのは複数の情報源から様子を聞くことなので、学校の担任の先生にも連絡し、授業中の様子や、他の生徒と接するときにすぐ手が出たりしないかなどを聞き、最終的にADHDかどうかの診断を下します。その上で、いつ、どの症状をターゲットに治療を始めるかを相談します。MRI(核磁気共鳴画像法)などの画像診断や、血液検査は、現段階では行いません。

 

Q.ADHDはどのように治療しますか?

A.

治療方法には、投薬、認知行動療法(CBT)、認知能力訓練、脳波をモニターするニューロフィードバック、食事療法、コーチング(生活の中で、作業の時間配分や計画性、実行能力などを指導)――があります。中でも、メインは投薬と認知行動療法です。25年前、コロンビア大学を中心に、ADHD治療の大規模な治験が行われ、その後の治療法を確定する画期的な結果が発表になりました。この治験では、①投薬のみ、②認知行動療法のみ、③特に何も治療せず、月1回問診を続ける、④投薬と認知行動療法の組み合わせ――この4グループに分け、その治療効果が比較されました。

その結果、最も効果が高かったのは④の投薬と認知行動療法の組み合わせで、その次が①の投薬のみ。つまり、治療の成功には、投薬が不可欠という結果が出ました。使用する薬は、ADHD刺激薬(スティミュラント)で、ブランドでいえば「リタリン」や「アデロン」「コンサータ」などです。

薬の副作用に食欲不振があるので、薬を飲まない日(ドラッグホリデー)を設け、薬の効果が切れている時や、服用前にたくさん食べるなど、工夫をしながら治療の継続を図ります。

②の認知行動療法というのは、すぐ手が出たりする子供に対して、それを我慢できたときに褒めるなど、カウンセラーと共に取り組む作業です。

※日本クラブ・日本人医師会共催ウェビナー「ADHDの症状と治療」の、斎藤先生の解説資料から

 

Q.ADHDは治療すれば治りますか?

A.

60%は成人する前に治り、40%は多くが不注意優勢型(ソワソワしてはいないが、集中できないタイプ)として存続するといわれます。

治る人が多いのは、ADHDの有無に関係なく、成長とともに脳も発達し、実行機能を司る分野が成熟することと、本人が自分の苦手な分野を認識し、それを補足する工夫ができるようになるからです。その結果、年齢を重ねるごとに実行能力が上がり、計画的に物事を進め、整理整頓ができるようになります。

では治療をしないでいるとどうなるかというと、違法薬物の使用、不注意によるけが・交通事故に遭うリスクが上がる、不登校(学業不振だと学校に行きたくなくなる)、人間関係の悪化(すぐ暴力を振るったり、言ってはいけないことを口走ったりするので、「失礼な人」のレッテルを貼られる)――などの状況が報告されています。成人した後も症状が継続すると、最終学歴と職場での業績が低く、情緒的な問題も多いことが分かっています。

適切な時期に適切な治療を始め、子供の将来を支えてあげたいものです。ただ、ADHDの症状/能力を生かした職業で成功する例ももちろんあります。緊急時に24時間体制で出動する救急医療隊員や、外回りの営業職など、ADHDの特性を生かせる職業はたくさんあります。

 

 

 

 

 

 

 

斎藤恵真先生
Ema Saito, MD
_________________
ザッカーヒルサイド病院入院病棟部長。
入院患者のケア、臨床研究、研修医・医学生教育に携わる。
ドナルド&バーバラ・ザッカー・ハウストラ/ノースウェル医科大学精神科教授。
札幌医科大学卒、日本で2年間の研修後来米。
ニューヨーク市、近郊の病院で小児科、精神科、小児精神科の研修修了。
臨床研究職を経て現職。
米国内外での研究論文発表多数。
在ニューヨーク日本総領事館精神科顧問医。

 

The Zucker Hillside Hospital
Department of Psychiatry

75-59 263rd St.
Queens, NY 11004
TEL: 718-470-8390

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1126

NYCマラソンが復活! おすすめランニングスポット

2年ぶりに開催されるNYCマラソン。今大会の概要やレースの魅力、ニューヨーク在住ランナーたちが紹介してくれるおすすめランニングスポットをチェックしてみよう。

 

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。