新型コロナウイルス感染予防のためのワクチン接種を促進

ニューヨーク市では、新型コロナウイルス感染予防のためのワクチン接種を促進するため、屋内活動についてワクチン接種証明が義務付けられています。

 

該当施設の12歳以上の従業員、施設の利用者(客)はワクチン接種証明が必要になります。外出時には該当アプリやワクチンカードを携帯するようにしましょう。また、日本で発行されたワクチン接種証明書も有効となる場合がありますので、必要に応じて施設に確認しましょう。対象となる屋内活動は、以下の通りです。

・屋内飲食
・屋内でのフィットネス
・屋内娯楽施設および興業

接種を証明できるもの

□ NYC・コビッド・セーフ・アプリ(NYC COVID Safe App)
□ エクセルシオールパス(Excelsior Pass)
□ ワクチンカード(CDC Vaccination Card)
□ ワクチンレコード(NYC Vaccination Record)
□ ニューヨーク市やアメリカ以外で発行された公的な接種記録

詳しくは下記のニューヨーク市のHPを確認してください。
https://www1.nyc.gov/site/doh/covid/covid-19-vaccines-keytonyc.page

 

 

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。