心と体のメンテナンス

アレルギーと蓄膿症(前編)

花粉、屋内外のカビ、ダニ
実にさまざまなアレルゲン

 

Q. 花粉症について教えてください。

A.

花粉症は、植物の花粉(pollen)や枯れ草(hay)など、本来無害な物質に、人間の免疫が過剰に反応して起こります。症状はくしゃみ・鼻水、目の充血、痒み、涙など。時には眼球が真っ赤に腫れたりします。英語表現は「hay fever」「pollen allergy」。

ニューヨークでは、3月ごろにスギやヒノキなどの樹木、4月末から5月にかけてはブタクサなどの雑草類のアレルギーシーズンに入り、夏に収まりますが、秋に再び花粉が飛び始め、シーズンが再開します。

 

アレルゲンは実にさまざま

Q. 花粉以外のアレルギーがありますか?

A.

まず、アレルギーの原因になるものをアレルゲンと言います。花粉以外に、食物や薬、ハウスダスト、カビ、ダニ、ペットの毛、昆虫など、実にさまざまなアレルゲンがあります。春や秋に症状の出る花粉症は分かりやすいですが、それ以外の物質にアレルギーがあっても、本人が気付いていないことが多々あります。

例えば、冬や夏の〝季節外れのアレルギー性鼻炎”は、花粉ではなく、ハウスダストやダニ、カビが原因で起こります。冬も夏も、暖房や冷房のため窓を閉めるので、換気が悪くなり、カビなどのアレルゲンが室内に増えるからです。

また、野外のカビアレルギーに気付かない人が大変多いことを強調したいです。雨や雪の前後や、雲った日など、天候によって野外のカビが空気中に大量に飛散します。「雨の日に花粉症になる」人は、野外のカビにアレルギーがあるのかもしれません。

 

Q. アレルゲンはどのように調べますか?

A.

「スクラッチテスト(スキンテスト)」が主流で、さらに詳しく調べたいときは、血液検査をします。

スクラッチテストは、液状にして薄めたアレルゲンを皮膚に付け、軽く引っかいて反応を見る検査です。約15分で結果が分かり、複数のアレルゲンに対するアレルギーの有無を一度に調べることができます。

ちなみに、花粉症を持つ人は多くの場合、他の物質にもアレルギーを持っているものです。花粉症の治療に、一般内科ではなく耳鼻咽喉科で検査をする利点は、相互に連携する耳・鼻・喉を総合的に診てもらえることと、アレルゲンを徹底追究した上で、根本治療を受けられること。鼻に問題があると、耳に悪影響が及ぶことがあるので、単に「鼻水」と思わず、一度アレルギー検査を受けて、自分の〝立ち位置”を知るのは大事なことです。

 

Q. 花粉症はどのように治療しますか?

A.

軽い花粉症なら市販の抗ヒスタミン薬などでいいですが、年中何らかのアレルギー症状がある場合は、根本治療としての減感作(げんかんさ)療法をお勧めします。

減感作療法は、薄めたアレルゲンを注射し、体をアレルゲンに徐々に慣れさせ、免疫の過剰反応を起こしにくくする治療です。痛みもほとんどないので、子供でも受けられますが、最初の1年は注射のために毎週通院し、その後も徐々に頻度を減らしながら通院しなければならず、時間と根気が必要です。

技術開発が進み、現在、一部の樹木花粉のアレルギーについてのみですが、注射ではなく経口剤(処方箋)による減感作療法が可能になりました。時間がかかるのは同じですが、通院しなくていいので、治療を続けやすいのが利点です。今後さらに開発が進み、広く実用化されることを願います。(後編につづく)

 

 

 

 

 

 

 

 

ジェフリー・M・アン先生
Jeffrey M. Ahn, MD

_________________

耳鼻咽喉科専門医師。
耳鼻咽喉科頭頸部外科/顔面形成外科専門(board certified)。
コロンビア大学教授などを経て、現在ペンシルベニア大学医科大学院・耳鼻咽喉科頭頸部外科教授。
子供から大人の鼻炎、鼻詰まり、花粉症など耳・鼻・喉の疾患を治療。
日帰りの蓄膿症手術、ロボットを使った睡眠時無呼吸症候群手術に定評がある。

Park Avenue Medical Center

● 45 Park Ave., 1st Fl. (bet. 36th & 37th Sts.)
TEL: 212-714-9117(日本語)

● 1485 Palisade Ave., Fort Lee, NJ 07024
TEL: 201-461-4714(日本語)
parkavenuemedicalcenter.com
drahnent.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1121

秋から楽しむ ホットカクテル

秋風が吹き始め、ここから一気に冬へと向かうニューヨーク。そんな時、肌寒さをほんわか癒やしてくれるのが燗酒だ。今号では、心も体も温まる燗酒の楽しみ方と魅力、そして自宅で作れるホット酒カクテルを紹介する。

Vol. 1120

知っておこう マリファナ基礎知識

今年3月より、ニューヨーク州でマリファナの使用が合法化された。これにより今後免許保持者の自家栽培や許可された公共の場での吸引が可能になる。アメリカで拡大するマリファナ市場。注意点も含め、まずは正しい基礎知識を身に付けよう。

Vol. 1119

コミュニティーガーデン探訪

摩天楼や住宅街の一角にひっそりと佇む緑の園。今号では、時代の荒波を生き抜いてきたコミュニティーガーデンの歴史と現在の姿を紹介する。

Vol. 1118

舞台再開! 再始動する日本人パフォーマーたち

劇場の灯が消えて1年半、ニューヨークの劇場が戻ってくる。ブロードウェーやメトロポリタンオペラ、カーネギーホールなどの劇場再開とともに、小・中劇場やコミュニティーに根ざすアーティストたちも、新たな決意を胸に再始動しつつある。ニューヨークで頑張る日本人パフォーミングアーティストたちに取材した。