新型コロナウイルス感染予防のためのワクチン接種を促進

ニューヨーク市では、新型コロナウイルス感染予防のためのワクチン接種を促進するため、屋内活動についてワクチン接種証明が義務付けられています。現在は移行期間として、9月13日(月)から正式に義務化されます。

 

該当施設の12歳以上の従業員、施設の利用者(客)はワクチン接種証明が必要になります。外出時には該当アプリやワクチンカードを携帯するようにしましょう。対象となる屋内活動は、以下の通りです。

・屋内飲食
・屋内でのフィットネス
・屋内娯楽施設および興業

接種を証明できるもの
□ NYC・コビッド・セーフ・アプリ(NYC COVID Safe App)
□ エクセルシオールパス(Excelsior Pass)
□ ワクチンカード(CDC Vaccination Card)
□ ワクチンレコード(NYC Vaccination Record)
□ ニューヨーク市やアメリカ以外で発行された公的な接種記録

詳しくは下記のニューヨーク市のHPを確認してください。
https://www1.nyc.gov/site/doh/covid/covid-19-vaccines-keytonyc.page

 

 

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。