心と体のメンテナンス

最先端と古来の融合歯科治療(後編=鍼)

歯科学と東洋医学の融合
痛み緩和に鍼とツボ応用

 

Q.5月から鍼を導入されるそうですが、セカレアニュー先生が歯科と鍼を結びつけるきっかけは?

A.

定期歯科検診や治療に来て、歯以外の問題を話しだす患者さんはたくさんおられます。例えば顎や首、顔の痛み、さらには腰や膝の痛みまで。こうした患者さんは、医師を転々としてもまだ治らないと言われます。何とかして助けたいとずっと思ってきました。ある時、私自身、膝と腰の痛みがあったので、友人を通して日本から訪米中だった鍼師の治療を受けたところ、痛みが一気に軽減。その即効性に驚きました。

鍼について聞いたことはありましたが、ヨーロッパで育った私にはなじみが薄く、その効果については正直懐疑的でした。ところが、この一度の鍼治療で目が覚め、歯科治療に応用できないかと考え始めました。ニューヨーク州立大学が、東洋医学に興味を持つ医師と歯科医を対象に、鍼治療の特別過程を設けていることを知り、そこで学び、資格を取得しました。

 

治療前、患者をリラックスさせるために、手のツボに鍼を打つセカレアニュー先生(患者モデルは、クリニックの吉田さん)

 

Q. 歯科医での鍼治療とは、具体的にどんな治療ですか?

A.

患者ニーズも含めてまだ模索中ですが、まず歯科治療にストレートに応用できる分野から始めます。つまり治療中と、治療後のペインマネジメント=痛みの管理です。

部分麻酔が必要な時、歯茎に麻酔注射を打つときの痛みを軽減するために、鍼のツボは有効です。痛みを100%取ることはできなくても、緩和することができます。または麻酔の代わりに、腕や顔にあるツボに鍼を打つことで、治療中の痛みを管理できるケースもあります。治療後も、鎮痛剤に頼らなくていいように、鍼治療を提供することも考えています。

TMD(顎関節症)にも応用できるはずです。当院の患者さんも、TMDの治療をしてもまだ顎の痛みを訴える人が多く、西洋医学的な治療だけでは患者ニーズをカバーできないと、常々実感していました。TMDにもさまざまありますが、顎関節を包む筋肉を鍼でリラックスさせることで、痛みの緩和や不具合の調整につながることも考えられます。

次に、患者さんにリラックスしてもらうための鍼の応用です。歯医者というと、大人でも緊張して怖がる人が多いので、リラックス効果を促すツボに鍼を打つことで、緊張を緩和することもできます。

 

Q. 歯と体全体の健康に鍼治療を応用できますか?

A. 

まさにそれが、私が将来的にやっていきたいことです。歯茎には、人間の臓器に直結するツボがあります。例えば、上下とも顎の中央前歯4本は腎臓と膀胱、そこから左右対象に、前歯の両隣の1本が肝臓と胆のう、次の2本が肺と大腸、次の2本が胃と脾臓、奥歯が心臓と小腸、という具合です。興味がある人は、「歯と経絡」「歯とツボ」などのキーワードでオンライン検索してみてください。

このことを学んだとき、歯科医として興味を持たずにはいられませんでした。今もこの分野については勉強している最中で、将来的には口内のツボと臓器のつながりを理解した上で、総合的に診断・治療することができる、数少ない歯科医になりたいと思っています。例えば、治療した歯がまだ痛むような場合に、それが歯の問題なのか、もしくは臓器の不調によるものなのか、鍼とツボの知識があれば、患者さんに総合的な健康アドバイスができます。歯科治療も、洋の東西を融合する時代です。

 

 

 

 

 

 

 

 

小山内乃介先生〈右〉
Daisuke Osanai, DDS

クリスチャン・セカレアニュー先〈左〉
Cristian Secareanu, DDS

_________________

Woodside Family DentalElmhurst Dental Care共同院長。
両医師ともニューヨーク大学歯科学校卒業。市内の病院で研修後、クイーンズ区内2カ所で歯科医院を開業。
一般歯科から、根管治療、インプラント、ホリスティック歯科、審美歯科、歯列矯正(インビザライン)まで多岐にわたるデンタルケアを提供。

 

 

Woodside Family Dental

59-03 Roosevelt Ave.
Woodside, NY 11377
TEL: 718-651-7700
TEXT: 646-994-8341(日本語可)
elmhurstdentalcareny.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1238

どうする? 今年のサマーキャンプ

ニューヨークも少しずつ春めいてきた。そろそろ夏休みの計画が気になり始める。特にお子さんのいる家庭では「サマーキャンプ、どうする?」といった会話が食卓でも上るのではないだろうか? 大自然の中で思いっきり身体を使うお泊まりキャンプから、ニューヨーク特有のリソースを利用する市内のデイキャンプまで選択肢は山ほどある。どうやったら2カ月を超える長い夏休みを子どもが退屈せず、かつ、親のストレスなく過ごせるか? サマーキャンプ選びのヒントを集めてみた。

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。