心と体のメンテナンス

最先端と古来の融合歯科治療(前編=最先端)

各種3Dスキャナー導入
テクノロジーで的確治療

 

Q. 歯科用3Dスキャナーとは?

A.

最新の歯科用3Dスキャナーの総称を「コーンビームCT(CBCT=Cone-beam Computed Tomography)」と言いますが、当院で導入しているのは、その1ブランドである「Rayscan」です。首から上を撮影し、その画像をコンピューターに取り込み、あらゆる角度から立体的に患者の口、あご、頭部を見ることができます。CBCTの登場で、歯科治療は一変したといっていいでしょう。

一言で言えば、CBCTで撮影した3D画像によって、骨の状態(形や密度など)が緻密に分かります。昔は、歯茎にメスを入れて初めて分かった情報を、今はスキャナーが全て提供してくれるということです。

その最たる利点は、治療計画を立てることが非常に楽にできるようになったこと。歯科治療で最も難しく、大変な作業が治療計画を立てることです。治療の全過程の90%は計画。どんなふうに治療するかが決まれば、あとは治療を実行するだけです。3Dスキャナーによって十分な患者情報があれば、的確な治療計画を迅速に立てることができます。撮影に要する時間は5分ほどです。

 

ウッドサイド・デンタルケアで導入しているコーンビームCBCTの1ブランド「Rayscan」。「撮影の所要時間は5分ほどです」と小山内先生

 

Q.患者にとっての利点はありますか?

A.

ズバリ、的確・正確な治療を迅速に受けられることです。

例えばインプラント治療で骨を作る作業が必要な場合、3Dスキャナーで頭部スキャンし、鼻腔に何もないことを確認します。時々、鼻腔に鼻水が溜まった袋や、何らかの異物が存在することがあり、その場合それらを取り除いてから骨を形成します。鼻腔の中は当然外から見えませんし、異物があっても平面レントゲンには角度によっては写りません。3Dスキャナーがなかった時代には、異物の存在を知らないままに骨を作り、インプラントを埋め込んでいました。

さらに3Dスキャナーでクラウンを作成する場合に、治療時間を大幅に短縮できます。これまでは、歯形を取ったら技工所(ラボ)に送り、模型を作ってもらい、そこからクラウン作成・治療まで2週間くらいかかっていました。今は、当クリニックで導入しているRayscanの3Dプリンティングという機能を使い、スキャンを撮ったその日のうちにクラウンを作り、治療することができるようになりました。

頭部全体を撮影するRayscanは大型の機械ですが、ハンドヘルドタイプで、口の中に入る小型3Dスキャナーがあり、インビザラインなどに使います。当院には4種類の3Dスキャナーがあり、目的に応じて使い分けています。

 

Q. 3Dスキャナーを使った治療は他に何がありますか?

A.

3Dスキャナーは神経の位置もはっきり分かるので、根管治療(ルートキャナル)にも大変有用です。

奥歯は、根管が1本ではなく、複数あることの方が多いことをご存じでしょうか。1本の歯の中で何本もの神経が、曲がりながら走っているものです。平面レントゲンだと、撮影する角度によりますが、根管が2本重なっていると1本しか見えないことがあります。ところが3Dスキャナーなら、コンピューター画面上であらゆる角度で患部を見られるので、重なった根管もはっきり見えます。

神経の位置や流れが分かる点では、親知らずの治療や、抜歯の判断にもとても役に立ちます。(以上は小山内先生に聞きました。後編はセカレアニュー先生に鍼治療の歯科分野への導入について伺います。)

 

 

 

 

 

小山内乃介先生〈右〉
Daisuke Osanai, DDS

クリスチャン・セカレアニュー先〈左〉
Cristian Secareanu, DDS

_________________

Woodside Family DentalElmhurst Dental Care共同院長。
両医師ともニューヨーク大学歯科学校卒業。市内の病院で研修後、クイーンズ区内2カ所で歯科医院を開業。
一般歯科から、根管治療、インプラント、ホリスティック歯科、審美歯科、歯列矯正(インビザライン)まで多岐にわたるデンタルケアを提供。

 

 

Woodside Family Dental

59-03 Roosevelt Ave.
Woodside, NY 11377
TEL: 718-651-7700
TEXT: 646-994-8341(日本語可)
elmhurstdentalcareny.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1109

夏のアートを体験しよう!

さまざまなアートを身近に触れられる芸術の街、ニューヨーク。話題のゴッホ展をはじめ、いよいよ全面オープンとなった市内の美術館でも、夏に向けてさまざまな展示会が始まっている。この夏はアートを存分に満喫しよう!

Vol. 1108

知っておきたい 大学進学への心得  日本編

米国からの帰国生が大学受験において知っておくべきことはなんだろうか? 先週号に引き続き大学の進学事情をお届けする今週号では、海外から日本の大学を受験するための基礎知識と基本最新情報を徹底解剖する。

Vol. 1107

知っておきたい 大学進学への心得  米国編

子供を持つ家庭において教育課程の最難関ともいえる大学進学。そこで、これから大学進学を控える親子が知っておくべき基礎知識と最新情報を、米国編と日本編の2回に分けて特集する。今号は、米国の大学にまつわる受験事情をご紹介!

Vol. 1106

フレキシタリアンのすすめ

昨今にわかに注目を浴びる「フレキシタリアン」ダイエット。一体どんなメリットがあり、どう実践したらいいのか? 今号ではフレキシタリアンの考え方をうまく自分の食生活に取り入れる方法を紹介する。