心と体のメンテナンス

徹底コロナ対策+歯科矯正の今(後編)

パンデミックと歯科矯正
患者ニーズに柔軟に対応

Q. パンデミック中はクリアアライナーの歯科矯正が増えたとか?

A.

透明な歯列トレー(クリアアライナー)を使う歯科矯正(インビザラインなど)はもともと人気が高いですが、パンデミック中にさらに需要が上がった理由は、柔軟に治療を進められるからです。

例えば、従来のワイヤーによる矯正は、ワイヤー交換と、引っ張る強度の調節のために、1カ月に1回は通院してもらわなければなりませんが、クリアアライナーなら、通常で1〜2カ月に1回、パンデミック中なら3〜4カ月に1回で、治療を進められます。通院回数を減らす分、必要に応じてビデオ診療もできますし、歯の写真を撮影してEメールに添付して送ってもらうこともできます。それらビジュアル情報と、患者さんとの電話でのやり取りで、できる限り遠隔支援をし、どうしてもというときはクリニックに来てもらうことになります。

 

歯を早く動かすためのデバイス「AccelaDent」。写真のように、トレー付きのデバイスを上下の歯列で噛みバイブレーションを送ることで、骨の生成を促し、歯を早く動かす

 

Q. それでもワイヤー矯正が必要なケースもありますか?

A.

もちろんです。全てのケースにクリアアライナーを使えるわけではありません。歯並びが相当ひどい場合、歯を4本くらい抜くこともありますし、顎(あご)の手術や、顎(がく)関節の調整が必要なケースもあり、そうした場合は従来からのワイヤー矯正でなければ治療できません。

ただ、近年は大掛かりな治療過程をワイヤーで行い、途中でクリアアライナーに切り替える、コンボ治療も広く行われるようになりました。昔は、ワイヤーで始めたら最後までワイヤーでしたが、今はフレキシブルにカスタマイズできるので、患者さんにも喜んでもらっています。

ちなみに、矯正の治療期間は、軽いケースなら6〜8カ月で終わります。抜歯や手術が必要なシビアなケースだと、2〜3年かかることもあります。

Q. 矯正専門医で治療をするメリットは?

A.

ワイヤー矯正は専門医でしか受けられませんが、クリアアライナーによる歯列矯正は一般歯科医も行っています。一般歯科医で受けるクリアアライナーの治療は、基本的には全てをメーカーが提供するノウハウに頼っています。例えばクリアアライナーの最大手ブランド「インビザライン」の場合、患者の情報を送ると、治療プランからトレーの作成まで全てメーカーがやってくれます。軽症のケースならそれでもいいかもしれませんが、ちょっとでも複雑なケースになると、専門医の知識なしでは難しいでしょう。

当院は矯正専門の歯科クリニックです。クリアアライナーによる治療も、患者の情報をメーカーに送ると同時に、こちらから細部にわたって指示を出します。メーカーはわれわれの指示に従って、個々の患者向けの治療プランと歯列トレーを作成するわけです。

Q. 歯を早く動かすデバイスがありますか?

A.

「アクセラデント」というデバイスがあります。希望する患者さんには購入していただき、自宅で使ってもらいます。1日15〜20分デバイスを歯に当て、バイブレーションを送ることで骨の生成を促し、骨の中で歯が早く動くよう促します。加えて、歯が動くときの痛みを軽減する効果もあります。結婚式前にどうしても矯正を終えたいという患者さんが、このデバイスを使って治療を間に合わせたケースもあります。

近年は粘土剤を使わずに、3Dのデジタル画像で歯列モデルを作ることが主流になっているなど、歯列矯正技術も日進月歩です。

 

 

 

 

 

フランク・ルー先生
(Frank Lu, DDS, MS)

_________________

米国矯正歯科学会認定歯科医師。
コロンビア大学歯科・口腔外科学部卒業後、同大学で矯正歯科ポスドク研修修了。
子供から大人のクリアアライナー、または従来のワイヤーを使った歯列矯正が専門。
世界矯正歯科医師連盟(WFO)フェロー(2015年)。
米海軍所属歯科医師として日本滞在経験があり、日本語も少し話せる。

 

Newsmile Orthodontics
● 136-20 38th Ave., # 5B Flushing, NY 11354
TEL: 718-661-1186
● 139 Centre St., # 615 (bet. Walker & White Sts.)
TEL: 212-625-0088
newsmile-ortho.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1177

帰省特集 今年の冬休みは日本で過ごす!

コロナの規制が大幅に緩和され、帰国・入国がだいぶスムースになったこの冬。久しぶりに日本で年末年始を過ごそうと計画している方も多いでしょう。今回はそんな帰省事情をリサーチ。

Vol. 1176

ホリデーシーズン到来! みんなで楽しむサンクスギビング

サンクスギビングも近づいてきて、いよいよホリデーシーズンだ。ショッピングや冬のアクティビティーも楽しめる、大切な祝日であるサンクスギビング。そのルーツや習慣も知って、アメリカの祝日を楽しもう!

Vol. 1175

いよいよ開幕!ワールドカップ攻略ガイド

今月20日に開幕するワールドカップカタール大会。次の2026年大会ではアメリカ・カナダ・メキシコの3カ国共催が決定し、ここニューヨーク・ニュージャージーで試合が行われることからも注目度が高い。今号を読んでワールドカップ観戦前の予習をしておこう!

 

Vol. 1174

11月8日まで秒読み 中間選挙について知りたい

大統領選挙と並んで米国政治の行方を左右する中間選挙が目前だ。有権者が重視する問題、ニューヨーク州と勝敗の鍵を握る注目州の候補者について解説する。