心と体のメンテナンス

徹底コロナ対策+歯科矯正の今(前編)

医療スペース用空気清浄機
万全を期した感染予防対策

Q. 万全のパンデミック安全対策を講じられているそうですが?

A.

院は歯科クリニックという性質上、パンデミック中の安全対策は最優先し、かなりの設備投資をしました。患者さんが安心して来院でき、われわれ歯科医師も安心して治療に専念することができるように。

 基本、米歯科協会(ADA)、米疾病予防管理センター(CDC)、米国職業安全衛生局(OSHA)が奨励する感染予防対策に準じています。これらの機関がアップデートする内容を随時チェックし、常に最新情報に基づく安全規準、ガイドラインに従っています。

 当院は歯列矯正が専門なので、一般歯科ほど治療中に水が飛び散りませんが、それでも比較的長時間密着しての治療になるので、患者さんの精神的な不安を少しでも緩和することは必須です。市内でもトップレベルの対応をしていると自負しています。

 

Q. 例えばどんな器具を導入されましたか?

A.

イス製のハイパーHEPAフィルター空気清浄機「IQAir HealthPro plus」を、クリニックのメイン治療エリアに設置しています。これは、医療スペース用の大型空気清浄機で、広範囲に渡って空気中のウイルスや雑菌(0・003ミクロンまで)をろ過し、空気を浄化します。これによってクリニック全体の空気清浄を行いながら、さらに歯科クリニック用の空気清浄機「Surgically Clean Air purification system」を導入し、ハイパーHEPAフィルターと紫外線(UVCライト)によるろ過・殺菌で、クリニック内のエアクオリティーを、いわゆる「手術可能なレベル」まで向上させています。いくつかある治療用の各小部屋には、医療グレードのHEPAフィルター(H13)を設置。夜間は、クリニック全体を紫外線(UVCライト)消毒します。

 広い治療エリアには、治療用の椅子が並んでいますが、椅子と椅子の間に樹脂ガラスの間仕切りを配置していますし、受付にも同様の措置を施しています。

 

医療用空気清浄機や飛沫(ひまつ)吸引マシン(写真左端)を完備し、万全のコロナ感染対策を施したクリニック。ルー先生自慢の設備

 

Q. 来院前と、到着後のプロトコルは?

A.

患者さんには、来院前にコロナ感染のスクリーニングのための質問事項に答えていただき、クリニックに到着後もう一度同じ質問に答えていただきます。来院時には体温を計り、クリニックに備え付けのハンドサニタイザーで手を消毒してもらいます。

 ウエイティングエリアには、以前は雑誌や子供用のおもちゃなどを置いていましたが、パンデミック以降はそれらを全て取り除きました。殺菌消毒が難しいからです。

 ソーシャルディスタンシングを守るために、クリニックに入れる患者数も制限しています。いつもより予約が取りにくいこともあるかもしれませんが、安全のために患者さんも快く協力してくれています。さらに、クリニックへの親の付き添いなどはできますが、治療エリアには付き添いの方は遠慮していただいています。

 

Q. パンデミック中に、矯正歯科治療で変わったことは?

A.

ともと希望が多いクリアアライナー(インビザラインなど)ですが、パンデミック中にはさらに希望者が増えました。従来のワイヤーよりも、通院の頻度を減らせるなど、フレキシブルに治療プランを立てられるからです。クリアアライナーの治療中に、パンデミック前は1、2カ月に1回通院してもらっていたのを、パンデミック以降は3、4カ月に1回に減らしています。(後編につづく)

 

 

フランク・ルー先生
(Frank Lu, DDS, MS)

_________________

米国矯正歯科学会認定歯科医師。コロンビア大学歯科・口腔外科学部卒業後、同大学で矯正歯科ポスドク研修修了。
子供から大人のクリアアライナー、または従来のワイヤーを使った歯列矯正が専門。世界矯正歯科医師連盟(WFO)フェロー(2015年)。
米海軍所属歯科医師として日本滞在経験があり、日本語も少し話せる。

Newsmile Orthodontics
● 136-20 38th Ave., # 5B Flushing, NY 11354
TEL: 718-661-1186
● 139 Centre St., # 615 (bet. Walker & White Sts.)
TEL: 212-625-0088
newsmile-ortho.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。