心と体のメンテナンス

食生活改善から始める美肌生活 脂質と水分補給がカギ(後編)

小じわとドライスキン
脂質と水分補給がカギ

Q. 顔の小じわを改善する食べ物とは?

A.

小じわが気になる人は大抵の場合、脂質が不足しています。オリーブ油、生のナッツ類、アボカド、魚などから良質の脂質を取りましょう。中でもサーモンや青魚など脂が乗った魚、くるみ、亜麻仁種(flaxseed)などに豊富なオメガ3脂肪酸は、体内でコラーゲンの産生を促し、肌の弾力アップを助ける働きがあります。

魚のヒレや手羽先など、ゼラチン質が豊富な部位に多いヒアルロン酸も、シワを目立たなくしてくれます。ただし、食べ物によってはコレステロールが多く含まれるので、コレステロール値が高い人は食べ過ぎに気を付けてください。

食べ物の消化を助け、細胞の正常な機能を保つためにも重要な酵素も、不足するとシワの原因になります。酵素は生の葉野菜や果物から効率的に摂取できますが、果物は糖分も多いので、野菜を中心にするといいでしょう。

脂が乗った魚に豊富なオメガ3脂肪酸には、体内でコラーゲンの産生を促す働きがある(写真提供:宮下さん)

Q. ドライスキン対策のポイントは?

A.

良質の脂質に加え、水をしっかり飲むことです。特にミネラルを含有し、さらに不純物を取り除いた水には、肌に潤いを与える効果があります。自宅で水道水を飲む場合は、鉛を除去する市販の浄水フィルターの使用をお勧めします。

健康な人の場合、起床時、朝・昼・夜の食事中、食間、そして寝る前に、室温の水をコップ1杯が目安です。体調によって水を控えた方がいい場合もあるので、病気治療中の人は医師の指示に従ってください。

他にも緑黄色野菜に含まれるビタミン、肉や魚のコラーゲンも、ドライスキン改善に有効です。

重症のドライスキンは、甲状腺疾患など病気が原因の可能性もあります。気になる症状がある人は医師に相談してください。

Q. 「抗酸化」「抗糖化」とは?

A.

抗酸化も抗糖化も、美肌と肌トラブル解消に欠かせない要素です。

紫外線や大気汚染物質に長時間さらされたり、運動をやり過ぎたりすると、体内で活性酸素が過剰に作られ、結果的にシミやシワ、たるみなどの「肌の老化」が加速します。ポテトチップスなどのスナック菓子、加工食品などに含まれる酸化した脂質も、肌には大敵です。ビタミンCを中心にビタミン類を摂取し、「抗酸化力」のアップに努めましょう。

糖化とは、食事などから取った余分な糖分が、体内のたんぱく質と合体する反応です。肌のたるみやくすみの原因になり、肌の老化を進めます。過剰な糖分は体内で炎症を引き起こし、ニキビなど肌トラブルとしても現れます。

ただ、過剰摂取は問題ですが、糖質も体に欠かせない栄養素です。極端に糖質を避けると、見た目に老けた感じになり、肌トラブルも増えがちです。糖質があるからと白米を避ける人もいますが、むしろ健康と美肌のためには、1日1回茶碗に軽く一杯でもいいので、白米、できればビタミンやミネラルが豊富な玄米を食べるといいでしょう。

米の代わりにイモ類でも構いません。特に食物繊維が豊富なサツマイモは、腸内環境を整え、便秘を解消してくれます。

Q. 男性の肌トラブルに効く食べ物は?

A.

肌のテカリが気になる人には、ビタミンCと亜鉛が有効です。例えば麻の実(hemp seed)は、男性の皮脂コントロールに役立ちます。

繰り返しますが、ビタミンと亜鉛さえ取っていればいいわけではなく、バランスのよい食生活が肝心です。肌の調子を見ながら、肉や脂肪の量を調整してみてもいいでしょう。

Q. 美肌のために控えたい食べ物とは?

A.

手軽に食べられて便利な加工食品ですが、一般的に栄養価が低く、食品添加物も含むことから、毎日の食事には向きません。甘い物、揚げ物や辛い物などの刺激物も、肌トラブルが気になるときは避けた方が賢明です。肌に悩みがある人は、一度これらの食べ物をやめてみると、肌の変化を実感できるかもしれません。

美肌への近道は、化粧品にこだわるのと同じように、「whole foods(自然な食べ物)」を食べることにも、こだわりを持つことです。食に興味を持ち、日々の食事を楽しむことが美肌への第一歩です。

※次回は、内分泌内科専門医の柳澤貴裕先生に、妊婦と甲状腺の病気についてお聞きします。

宮下麻子さん
(Asako Miyashita, MS, RDN, CDN)

_________________

米国登録栄養士(RDN)、NY州認定栄養士(CDN)
マクロビオティック料理教室リマ・クッキング師範科修了後、コロンビア大学教育大学院で栄養教育学修士号(MS)取得。
生活習慣病、甲状腺疾患、糖尿病、体重管理、摂食障害に関する栄養指導、子供の栄養教育など。
ホルモンバランスに着目したスキンケア・ブランド「La Iride」共同創業者。

Japanese Medical Care

315 Madison Ave., 17th Fl.
(42nd St. bet. Park & Madison Aves.)
TEL: 212-365-5066
jmedical.com
asakonutritionsalon.com
ameblo.jp/foodfortruebeauty

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1081

コロナウイルスニューヨーク・2020年秋冬版

まだまだ忍耐の日々は続きそうだ。現在進行形で感染者数が激増しているが、検査の実態は? 日本へ帰国するとどうなる? ジャピオンと情報を整理しよう。

Vol. 1080

進むキャッシュレス化

新型コロナウイルスの影響で、ますますキャッシュレス化が加速している。コロナ禍での変化や便利なツールなどを、専門家たちに聞いてみた。

Vol. 1079

食欲の秋

ステーキが食べたい

おいしいものをたらふく食べたい季節ということで、今号ではステーキを大特集! サンクスギビング、クリスマスシーズンを前に、お家でおいしくステーキを焼くテクニックや、おいしいステーキが味わえるスポットを知っておくべし!

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介