心と体のメンテナンス

原因を知って治す「めまい」運動や薬物療法が効果的(前編)

めまいの原因はさまざま
運動や薬物療法が効果的

Q. めまいにはどんな種類がありますか?

A.

「いすから立ち上がったときにクラっとする」「体がフラフラする」「部屋全体がグラグラ回っている感じがする」など、症状や程度に差こそあれ、めまいに悩んでいる人は少なくありません。一言でめまいといっても、その原因や起こり方、持続時間は人によってさまざまです。めまいは症状が不快なだけでなく、難しい病気の兆候かもしれないと不安を抱く人もいるかもしれません。

めまいは、大きく2種類に分けられます。一つは、自分や周囲がグルグル回っているように感じる「回転性めまい」です。体のバランスを保つ平衡感覚に異常が生じることで起こります。もう一つは、体がフラフラしたり、クラクラしたりするタイプの「非回転性めまい」です。「何となく頭が軽い」「失神しそうだ」と訴える人もいます。

回転性も非回転性も同じめまいですが、症状は全く異なります。英語では回転性を「vertigo」、非回転性を「dizziness」と区別して呼んでいます。めまいで受診するときは、症状を医師に正確に伝えることが大事です。症状によって診断が異なり、治療法も変わるからです。ちなみに、私の患者の訴えは、その大半が「vertigo」です。

耳石が本来の位置からずれて三半規管の方に入り込み、三半規管内のリンパ液の流れが阻害されることで平衡感覚が乱れ、めまいが起こる

Q. 回転性めまいの原因は何ですか?

A.

回転性めまいは、「頻繁に起きるが、あまり怖くないもの」と、「めったに起きないが、起きると怖いもの」の二つに大別され、後者の場合、救急治療室などで緊急処置が必要になるケースもあります。診療では、これら両方の可能性を考え、慎重に原因を探ります。

まず、怖くないめまいの原因ですが、最も多いのは良性発作性頭位めまい症(Benign Paroxysmal Positional Vertigo=BPPV)という病気です。いすから立ち上がった、顔を正面から横に向けたなど、頭を動かしたときだけめまいが起こり、動きを止めるとめまいも治まるのが、この病気の特徴です。

耳の奥の内耳には、体の平衡感覚を司る耳石器と三半規管という器官があり、三半規管はリンパ液で満たされています。耳石器には耳石という極小の結晶が付着していますが、何かの拍子で耳石が三半規管の方にずれると、やがてそれが塊となり、リンパ液の流れが阻害されてBPPVが起こります(図参照)。

ずれた耳石が元の位置に戻れば、めまいは自然に解消します。瞬時に治ることもあれば、耳石が三半規管内に数週間〜1カ月程度とどまり、その間めまいが続くこともあります。耳石のずれは視診では分からないので、診察台で体を動かしてもらい、めまいが起きる状況や、眼振(眼球の振れ)の有無などから診断します。

治療には「エプリー法」が有効です。耳石を元の位置に戻すための運動療法で、医師の指導の下で行います。うまくいけば一度の運動で耳石が動き、めまいが治る人もいます。

Q. 片頭痛でもめまいは起きますか?

A.

片頭痛は、回転性めまいのよくある原因の一つです。片頭痛は脳の部分的な炎症で、体の平衡感覚を司る部位に炎症が生じるとめまいが起こります。片頭痛持ちでめまいがある人は、他に明らかな原因がなければ片頭痛を疑います。めまいの原因が分からず、脳の磁気共鳴画像装置(MRI)検査で炎症の痕跡が見つかるケースもあります。

市販の鎮痛薬でめまいが軽減する人もいれば、片頭痛用の処方薬が有効な人もいます。疲れやストレス、飲酒など、人によって違う片頭痛の引き金に対処することも、めまい対策には必要です。

Q. 他にはどんな原因がありますか?

A.

片頭痛と同じくらい一般的なのが、前庭(ぜんてい)神経炎という良性の病気です。 

前庭神経とは、聴覚と平衡感覚に関する情報を耳から脳に伝達する神経です。前庭神経炎は、風邪の原因ウイルスが前庭神経に悪さをすることで発症します。耳が聞こえにくくなる、耳鳴りがするなど、強いめまいの他に聴力異常がある場合にこの病気が疑われます。

治療にはエプリー法とは別の理学療法(リハビリテーション)が有効で、ステロイド系の抗炎症剤を併用することもあります。

※次回は、「起きると怖い危険なめまい」についてお聞きします。

宮崎郁先生
Kaoru Miyazaki, MD

_________________

家庭医学科認定医師。
プライマリーケアフィジシャン(PCP)として、一般内科、小児科、婦人科などの診療に従事。
予防医学、栄養学にも力を入れる。
倉岡クリニック(オハイオ州)院長兼務。
新型コロナウイルス感染拡大を受け、現在マンハッタンでの診療は休止中。

 

Japanese Medical Care
315 Madison Ave., 17th Fl.
TEL: 212-365-5066jmedical.com

Kuraoka Clinic(オハイオ州)
5100 Bradenton Ave., Ste A.
Dublin, OH 43017
TEL: 614-766-5500
kuraokaclinic.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介

Vol. 1077

こだわりのダイナー

ニューヨーク市内の飲食店では先月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。

Vol. 1076

ニューヨークらしい秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい! 日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?

Vol. 1075

さりげなく差を付ける身だしなみ

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、外出しないため、身だしなみにもこだわらなくなった人も多いのでは? 外出の機会も増えていく中、さりげなく、そして、かっこよくきめる、NY在住者のこだわりの身だしなみを今号では探ってみた。