巻頭特集

コロナ禍のハロウィーンは?ニューヨーカーの過ごし方

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず!今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介。(文 / 南あや)

※新型コロナウイルスの流行状況により中止・延期の恐れがあります。


ニューヨーク州が舞台の名作ホラー

「スリーピーホローの伝説」を知ってる?

主人公イカバッドは、やや不気味な地・スリーピーホローの付近で教師として生計を立てており、妖怪や幽霊などの存在を夢想するのが好き。町の有力者の娘カトリーナと結婚するべく、ブロム・ボーンズと対立している。ある日、カトリーナの城で開かれたパーティーで、同地の幽霊「首なし騎士(Headless Horseman)」の噂を耳にするが…?


米国文学の父ことワシントン・アーヴィングが1820年に発表した小説「スリーピーホローの伝説(The Legend of Sleepy Hollow)」。オンラインサイト「青空文庫」で、日本語版を無料で読める。

タイトルにもなっているスリーピーホローは、ニューヨーク州ウェストチェスターに実在する、ハドソン川沿いの町。だが、この小説の舞台…かどうかは、実は不明(ただし小説には、隣接するタリータウンが出てくる)。元々この地方にはスリーピーホローと呼ばれる場所がいくつかあったらしい。

現実ではどんな町?

実在のスリーピーホローは、マンハッタンから電車で30分ほど。かつてはノース・タリータウンという名前だった。現在でもタリータウンと一括りにされることは珍しくない。1996年に、観光地としての発展を願い、名前をアーヴィングの小説にあやかって「スリーピーホロー」に改称した。今では、ハロウィーンの時期には州内屈指の観光地になる。

同地にある、ちょっと不気味なスリーピーホロー墓地には、アーヴィングの他、実業家アンドリュー・カーネギーなどが眠っている。首なし騎士がさまよっているかも…? 他にも、大富豪ロックフェラー一族が所有する別荘地カイクイットが有名。こちらは予約制ツアーに入ることで見学可能。風光明媚(めいび)な景色も相まって優雅な気分に浸れる場所だ。

ちなみにアーヴィングは隣町タリータウンに住んでいた。現在そこは「サニーサイド」という名前で、一般公開されている。

映画も見てみよう!

この小説をベースとした映画が、「スリーピーホロー」(1999年)。ハロウィーンの定番アニメ映画「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」で知られる、ティム・バートンの監督作品だ。

主演はジョニー・デップ(当時36歳)だが、映画版は連続殺人事件の捜査を行うNYPDの刑事が主人公で、あらすじも原作とは大幅に異なる。魔術などのオカルト要素があるものの、ホラーというよりサスペンスの色が強い。今年のインドアなハロウィーンで、鑑賞してみてはいかが?

なお、映画のロケは英国が主で、実際のスリーピーホローではないので注意!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。