巻頭特集

紅茶をめぐる冒険

まだまだある ニューヨークで紅茶を買うならこの店

超高級から庶民的価格のものまで、ニューヨークにはさまざまな茶葉専門店がある。おすすめのお店を厳選した。

 

お茶の宝石箱

ベロック・ティー・アトリエ

工業地帯だった面影を随所に残すグリーンポイント地区。イーストリバーにほど近いウエアハウス内にひっそりと佇む宝石箱のような店。中国、日本、インド、ネパール、台湾、スリランカ、ベトナム、マラウイのシングルエステートで生産された最高級のオーガニック茶葉をホールリーフのみで販売。茶葉とハーブは全て手作業で配合している。緑茶と希少なプーアル茶のコレクションも見逃せない。同店で扱う茶葉からインスピレーションを得た香りのキャンドルや日本のお香、シグネチャーブレンドを詰め合わせたギフトセットなどもある。マニアックなお茶愛好家向け。

店内ではテイスティングもできる

Bellocq Tea Atelier

104 West St., Brooklyn, NY 11222

TEL: 800-495-5416/bellocqtea.com


ビレッジらしいバイブ

サリバンストリート

グリニッジビレッジ地区らしいボヘミアンなバイブレーションを感じる居心地のいいお茶とハーブ、スパイスの専門店。マークとジェニー・グリーンバーグ兄妹が2011年に開業。いちばん人気は「クリーム・アール・グレー」。スリランカ産の茶葉にベルガモットとバニラの風味付けをし、オスマンサス(金木犀)の花びらをブレンドした贅沢な一品。ハーブティーは、カモミールとスカルキャップ、ペパーミント、パッションフラワー、キャットニップなどを配合した「カーミングブレンド」。ストレスを和らげたいときに。もちろんカフェインフリーなので、ベッドタイムの一服にも最適だ。番茶に乾燥させたストロベリーやパパイヤの実を混ぜた変わり種もある。

秋冬の人気商品マサラチャイ。ジェニーさんはどんな質問にも丁寧に答えてくれる

Sullivan Street Tea & Spice Company

208 Sullivan St.

TEL: 212-387-8702/onsullivan.com


ニューヨーク最古の専門店

マクナルティーズ

1895年創業、ニューヨーク最古の茶葉とコーヒー豆専門店。100年の歴史が刻まれた店内に入ると、古き良き時代のオーラに包まれる。店名を冠した「マクナルティーズブレンド」を選ぶなら、フルボディーでしっかりした味わいのイングリッシュブレックファーストと香り豊かなアールグレーを試してみよう。コクと風味が強く、ことのほかミルクと相性が良いアッサムは、同地方の上流、ブラマプトラ川の南岸に位置する、コンジェエステート産のものを用意。秋冬に欠かせないチャイなら、スパイスブレンドを。アッサムをシナモン、ブラックペッパー、乾燥オレンジピール、クローブ、砂糖で風味付け。力強い味と優しい甘さはクセになる味。いちばん人気は、中国福建省産の春摘みプレミアムティー、ゴールデンモンキー。

 

ニューヨークのランドマーク的な店

McNulty’s Tea &Coffee Co.

109 Christopher St.

TEL: 212-242-5351/mcnultys.com


気軽に立ち寄れる

ポルトリコ

1907年創業。ブリーカーストリートの本店の他、イーストビレッジ地区とローワーイーストサイド地区のエセックスマーケット内に支店を持つ。紅茶はアッサムやダージリン、セイロンなど代表的な25種類を厳選。初心者は気分や予算に応じて、GFOPファーストフラッシュ、セカンドフラッシュから選ぶと良い。最上級のキームンは1パウンド88ドル。ダージリンのTGFOPファーストフラッシュは60ドル。

 

売れ筋はアールグレーとアッサムのTGFOP

Porto Rico Imports Co.

201 Bleecker St.

TEL: 800-453-5908/portorico.com


英国系の人たちが好んで飲むお茶は?

日本人にとっての紅茶が「リプトン」や「日東紅茶」であるように、英国やスコットランド、アイルランドなど英国圏の人たちが日常的に愛飲するお茶があるのなら、それはどんなものだろう? 素朴な疑問を携えて訪れたのは、ウエストビレッジ地区にある英国食料品専門店メイヤーズ・オブ・ケスウィックとキャリー・オン・ティー・シンパシー。

両店ともに答えは、PGティップス(PG Tips)。次いでヨークシャー(Yorkshire Tea)タイフー(TY・Phoo)。PGティップスは、ブルックボンド(現在はリプトン傘下)が1930年に英国で売り出したブランド。強めの味が特徴。

「ティータイムのお供は?」の問いにはこれまた同じ答え、マクビティのダイジェスティブビスケットだった。世界初の全粒粉ビスケットで、オリジナルとチョコレート(ダーク、ミルク)がある。英国王室御用達。

Myers of Keswick  634 Hudson St./TEL: 212-691-4194/myersofkeswick.com

Carry on Tea & Sympathy  110 Greenwich Ave./TEL: 212-989-9735/teaandsympathy.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。