巻頭特集

一度は体験したい クルーズ船の旅

<ニューヨーク出航の極上クルーズ厳選 プラン>

フロリダ発とは違い、航空費や前泊費がかからない分、船室や食事のアップグレードも夢ではない。お問い合わせは1ページ目を参照。


カーニバル

〜お祭り好きにはたまらない〜

ベニスの宮殿を彷彿とさせるホール

2023年就航の最新船「べネチア号」は、「ファン・イタリアン・スタイル」をテーマに船内全体がベニスの雰囲気。なんとサン・ピエトロ広場まで再現されている凝りようだ。とにかくカラフルでカジュアルなのでどの年齢層でも気楽に参加できるクルーズだ。ピザやパスタといったイタリア料理レストランの充実度は破格。真新しい船室が嬉しいほか、Drスースのキャラクターやケネディ宇宙センターとコラボしたアクティビティなど子供向きの仕掛けも魅力的だ。

〈参考料金〉7泊8日の東カリブ海クルーズ、オーシャンビュー船室で$839〜。

プールやジャグジーからの眺めは最高

Drスースをモチーフにしたキッズスペースに子供は夢中

美容サロンも充実しているので極上の自分磨きもできる


ディズニー・クルーズライン

〜洋上にしかない夢の国〜

こどもから大人まで楽しめるプールアクティビティーが充実

前出のアムネット杉浦さんも熱く語ったように、群を抜いて楽しいのがディズニーのクルーズ船。今季のニューヨーク出航は、10月に4航海予定されている。船でしか体験できないショーや食事やアクティビティ。何から何までスペシャル感が強く、インスタ映え、承認欲求、ステータスの全てを満足させる。特筆すべきは船の煙突の上から滑走するライド「アクアダック」(ウォータースライダーとジェットコースターのコンボ)。至高のディズニー・メモリーを約束してくれるだろう。

〈参考料金〉3泊4日のバミューダクルーズ、オーシャンビュー船室で$1,080〜。

プリンセスのお城みたいな大エントランス

ミュージカル劇場や映画館で楽しむディズニーエンターテインメント


MSCクルーズ

〜既成概念を覆す近未来派クルーズ〜

スタイリッシュで存在感のあるクルーズ船

ヨーロッパ生まれのクルーズ。2022年12月就航の「シースケープ号」は、最新のモダンなデザインが魅力。多層型のプロムナードや豪華なインテリアは未来派のセンス全開だ。11あるレストランはいずれも洗練されたグルメ志向。広大なアウトドアスペースにあるアクアパークとも繋がったマリーナプールから望む景色は格別。大人の雰囲気が漂うスカイバーやカクテルバー、そしてカジノやスパも充実している、まさに極上の癒し空間。

〈参考料金〉4泊5日バミューダ・クルーズのオーシャンビュー船室が$359〜。

モダンな雰囲気のダイニングエリア


ノルウェージャン

〜フリーでロックな海の旅〜

洗練された外観のデザインは目を引く

食事時間や船内での服装を自由に選べるニューヨーク発の「ゲッタウェイ号」は、20のレストラン、スリル満点のウォータースライド5基、そして様々なアクティビティー満載の3階建てスポーツコンプレックスが魅力。一方、同社の「ジョイ号」では2階建てのレーストラックが楽しいほか、ケニー・ロギンスのヒットも登場する新しいミュージカル「フットルース」などブロードウェイ級の良質エンターテイメントが楽しめる。もちろんオール・インクルーシブ!

〈参考料金〉7泊8日のバハマ・クルーズ、オーシャンビュー船室で$814〜。

プリマ号のスイートルーム

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。