巻頭特集

ニューヨークの バレンタインを攻略しよう!

バレンタインももう目前。アメリカのバレンタインは、日本のバレンタインとはちょっと勝手が違うことは知っている人も多いだろう。今回はアメリカ式を勉強して大切な人たちと素敵な時間を過ごそう!(取材・文/菅礼子)


日本とはこんなに違う!
アメリカ式バレンタインってどんなもの?

日本では女性がチョコレートを用意し、意中の男性に想いを告白するのがバレンタインだ。バレンタインの前になると限定チョコレートが市場に出回り、上司や取引先への〝義理チョコ〟や友達への〝友チョコ〟、自分へのご褒美としてチョコレートを買う人も見受けられる。アメリカのバレンタインはというと、日本とは多くの点で異なることを覚えておこう。

アメリカでは大前提として、バレンタインは愛するパートナーに愛と感謝を伝える日。カップルは愛を確かめ合い、カップルでない人は意中の人に告白をする日でもある。家族や友人に感謝を伝えることもあり、キッズのバレンタインデーは推奨されている。小学校などでは、キッズたちがクラス全員分のキャンディーを持ち寄り、みんなでお菓子やカードなどを交換したりもする。

花束のプレゼントは鉄板。人気ショップのものはさらに喜ばれる

 

基本的に男性が女性をもてなす日

日本との決定的な違いは男性主体で女性をもてなすということだろう。もちろん女性が男性をもてなし、愛と感謝を伝えることも珍しくはないが、基本的には男性が女性に料理を作ったり、レストランを予約したりする。

チョコレートはもちろん、花束やカードを渡すこともあり、そうした商品が一年で最もよく売れるシーズンでもある。

ジュエリーなどを贈るカップルも、もちろん多い。実際、バレンタインデーの日のニューヨークでは、花束やワインを持って歩いている男性をよく目にすることができる。

大切な日なのでミシュランスターのレストランもカップルでにぎわう。写真は「Aquavit NYC

ホワイトデーも義理チョコもなし

上司や同僚に女性が贈る義理チョコ文化はアメリカにはない。あくまで大切な人に感謝の気持ちを伝えるものであるが、世界共通(?)シングルの女子たちが集まってバレンタインディナーやドリンクなどをすることはある。また、バレンタインにチョコレートをもらった男性が、3月14日にお返しをするホワイトデーの習慣はアメリカにはない。日本では、製菓会社のマーケティング的な要素も多いといわれている。アメリカでもバレンタインは盛んだが、ホテルやレストランのバレンタインデー宿泊プランなどといったものはあまりなく、日本の方が商業的なにおいが強い。

男性の腕が試されるバレンタインの演出

日本とは逆で男性が女性をもてなす2月14日は、男性が思い思いの演出で女性をもてなしてくれる。この時期のロマンチックな演出の高級レストランは、予約が困難になるほどだ。家で手料理を振る舞うのも定番のスタイル。近年ではプレゼントも環境に配慮したサステナブルな商品の人気が高い。また、カップルでセクシーな下着を選びに行くのは、日本ではなかなか見られない光景だ。人気のランジェリーショップはバレンタイン限定の下着を発売するため、男性がお店の前で女性を待つ姿や一緒に選んでいる姿も見られる。特別な演出で二人の時間を過ごしたり、プレゼントを渡したり、女性が喜ぶ内容を考える日。男性の腕の見せどころにもなる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。