巻頭特集

日本人がみたBLM運動 アメリカにおける黒人差別の知識を深める

黒人差別の理解を深める映画5選

黒人差別の歴史を理解するために、人種差別のない平等な社会に向けて奮闘する人々の姿を描いた、映画を見ることもオススメしたい。


Selma
(邦題「グローリー / 明日への行進」/  2014年)

公民権運動に貢献したマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師らによって率いられた、アラバマ州セルマからモンゴメリーまでの行進を描いた、歴史的な映画。第87回アカデミー賞では主題歌賞を受賞している。


Just Mercy
(邦題「黒い司法〜0%からの奇跡」/ 2019年)

アラバマ州で白人女性を殺害したとして死刑判決を受けた黒人男性の無実を晴らすため、ハーバード・ロースクールを卒業したブライアン・スティーブンソンが奮闘。人種差別の見え隠れする司法制度に立ち向かっていく。


Becoming
(邦題「マイ・ストーリー」/ 2020年)

バラク・オバマ元大統領の夫人で、黒人初のファーストレディとして活躍したミシェル・オバマの半生を描くドキュメンタリー。「時代が変わるのを待っている時間はない、自ら行動しなくては」という力強いメッセージが印象的。


Malcolm X
(1992年)

公民権運動活動家であるマルコムXの生涯を、スパイク・リー監督が綿密な取材を元に映画化した作品。デンゼル・ワシントン主演。マルコムXの人生を三つに区切って壮大に描いた、長編映画に仕上がっている。


13th
(邦題「13th -憲法修正第13条-」/ 2016年)

1865年に憲法修正第13条(奴隷制度の撤廃)が施行されてからのアメリカを描くドキュメンタリー。社会問題としての「黒人の大量投獄」についても言及。黒人が犯罪者として逮捕されやすい仕組みになっているというアメリカ社会に対して、専門家などが意見している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。