巻頭特集

まだ間に合うよ! 屋外サマーイベント

いよいよ8月に突入! 一年の中でもイベントの多い夏は、気軽に行ける屋外イベントが目白押し。「忙しくてまだどこにも行けていない」という人のために、今号は「演劇」、「映画」、「音楽」とジャンル別に分けて紹介していく。 (文=音成映舞)



【演劇】
自然に囲まれながら、
観劇を楽しもう

セントラルパークの夏の風物詩といえば、「シェークスピア・イン・ザ・パーク」だろう。非営利劇場として知られる「パブリックシアター」が主催、セントラルパークの野外劇場「デラコルテ劇場」で毎年、上演が行われている。

無料でシェークスピアの世界を堪能できる貴重な機会とあって、ニューヨークの人々に長く愛されている。過去には、デンゼル・ワシントン、メリル・ストリープ、アル・パチーノ、アン・ハサウェイらも出演。

今年の演目は、「から騒ぎ」と「コリオレイナス」の2作品。すでに「から騒ぎ」は終了しているが、トニー賞受賞の演出家、ダニエル・サリバンが現代的にアレンジした「コリオレイナス」は、8月11日(日)まで上演している。1979年以来の上演となる今作は、シェークスピアの中でもかなりレアな作品とあって注目されている。

チケットは、当日の正午までに同劇場前に並ぶ先着順での購入、または、モバイルアプリ「TodayTix」を通じてオンライン抽選で申込む2方式をとっている。運次第なところもあるが、当選すれば無料で観れるというのがこの企画の魅力。ただし、雨天の場合は振替は行われないため、天気予報の確認は怠らないよう気を付けたい。

 

「シェークスピア・イン・ザ・パーク」の舞台は、周りの自然もセットの一つ

 

また、8月末からはニューヨークコミュニティーの参加型ミュージカル「フリー・イン・ザ・パーク」も始まる。作品は「ヘラクラス」で、7日間限定上演となり、オンライン抽選のみとなる。購入方法をホームページで事前に確認しておこう。

 

セントラルパーク内にある「デラコルテ劇場」

 

「ブロードウェー・イン・ブライアントパーク」より


もう一つの定番といえば、毎年夏に、ブロードウェーで上演中の作品からキャストたちが登壇する「ブロードウェー・イン・ブライアントパーク」だ。今年20周年を迎える今企画は、各作品を1時間にまとめ上演する。日によって演目も異なるため、近々ショーを観に行こうと考えている人にとっては、このチャンスはとても参考になるだろう。

また、ブロードウェー作品以外にも、ニューヨーク・シティ・オペラのキャストたちが演じるイベント「オペラ」の上演もある。こちらも1時間版に短縮されたものだが、初心者でも楽しめる有名作品を取り上げているのがうれしい。

芝居好きな人は、無料で鑑賞できるこの機会を、ぜひ活用してみてはいかがだろうか。


【各公演の詳細】

Shakespeare in the Park

作品:「Coriolanus」
〜11日(日) 8pm-
publictheater.org

Broadway in Bryant Park

8・15日(木)
12:30-1:30pm
bryantpark.org
※作品はウェブサイトで確認

Free in the Park

作品:「HERCULES」
31日(土)〜9月8日(日) 8pm-
publictheater.org
※オンライン購入のみ

Opera

作品:「Carmen」
8月26日(月) 6-7pm
bryantpark.org

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1104

春から夏への体のメンテナンス

季節の変わりめは体調を崩しやすい。今年は特に長いパンデミックからのリカバリーモードで、生活環境はかつてないほど不安定だ。これを乗り切るためのカラダのメンテナンス法、夏への体質リセット法を3人の専門家に指南してもらおう!

Vol. 1103

奥深い中国茶の世界

今ひそかにブームとなっている中国茶。お茶の発祥の地、中国で生まれた奥深い中国茶を知って、さまざまな香りや味、飲み方を楽しめる魅惑的なお茶の世界を旅してみよう。

Vol. 1102

本格的に春が到来 NY近郊の桜スポット!

長い冬が終わり、心も軽やか。街の至るところで見頃を迎えている桜はもちろん、市内やニューヨーク州近郊の春の花々が楽しめるスポットを紹介する。

Vol. 1101

一味違う! アカデミー賞
今月25日に開催される、「第93回 アカデミー賞授賞式」。新型コロナウイルスの影響で、同授賞式も例年と異なる形で開催される予定だ。俳優のスピーチや衣装など、何かと話題になる同授賞式の見どころを、徹底紹介していく。