今週のキレイの秘密

NYらしいメークとは?作りこまない美しさを”作る”

ワンポイントで差をつける!
ランクアップメーク

おしゃれの幅が広がる秋は、新しいメークに挑戦するのにもぴったり。プロのメーキャップアーティストが、最先端のテクニックを伝授します!


【今号のテーマ】 NYらしいメークとは

© Alexxandra Engel / Shutterstock.com

連載の最後は、ニューヨーカーらしいスタイルのメークを学びましょう! ニューヨークといえば、クールで遊び心のあるストリート系ファッションです。

キーワードは「自分らしい自然なスタイル」。ニューヨークでは、作り込んだファッションの方がダサい印象を受けます。「better than nothing(何もしないよりいい)」といった程度の心構えのカジュアルさが、逆に「今っぽい」と見られるのですよね。

ベースはファンデなしのネーキッドメークを。ニューヨーク生まれのブランド「グロッシアー」が、発色も質感もぴったりです。眉は毛流れを整える程度で十分。

その代わり、原色のアイシャドーをワンポイントにしましょう。自分の好きな色でいいです。緑は、意外とどんなファッションにも合うので、取り入れやすい色です。さらにピンクやオレンジ系のグロスリップを合わせると、キュートですよ! 暗い赤のアイライナーにすれば、逆にミステリアスな雰囲気に仕上がります。

日本人は流行ばかり意識する人が多いですが、ニューヨークに来たからには、ぜひ自分の好きなファッションスタイルを、自由に楽しんでみてください。


【キーワード解説:ネーキッドメーク

ヌードメークとも。生まれ持った素肌の色味を生かし、ナチュラルな質感をキープする。ファンデーションを付けてないくらい軽い付け心地が理想。

●志村さんオススメ●

Perfecting Skin Tint by Glossier

Photo by Glossier

塗っていることも気にならないくらい、薄付きなのが魅力のエンハンサー(ベースメーク)。全12色。グロッシアーの製品はビーガン対応なのも、選ばれるポイントの一つだ($26 / glossier.com)

★今号が最終回です。ご愛読ありがとうございました!

 

志村天謙(たかのり)さん

横浜市出身。
日本で会社勤務を経て、2012年に来米し、メーキャップアーティストとしてのキャリアをスタート。
Vogue」「ZARA」などでメーキャップを担当。
Instagram: shimu25

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。

Vol. 1155

知って得する! NYの物件事情

ポストコロナの今、ニューヨークで生活をしていると、インフレの影響もあって物価の高騰を実感せざる得ないだろう。もちろん不動産の価格も上がり続けている。物件探しのコツをつかんで、いい住まいを早めに押さえよう!