今週のキレイの秘密

NYらしいメークとは?作りこまない美しさを”作る”

ワンポイントで差をつける!
ランクアップメーク

おしゃれの幅が広がる秋は、新しいメークに挑戦するのにもぴったり。プロのメーキャップアーティストが、最先端のテクニックを伝授します!


【今号のテーマ】 NYらしいメークとは

© Alexxandra Engel / Shutterstock.com

連載の最後は、ニューヨーカーらしいスタイルのメークを学びましょう! ニューヨークといえば、クールで遊び心のあるストリート系ファッションです。

キーワードは「自分らしい自然なスタイル」。ニューヨークでは、作り込んだファッションの方がダサい印象を受けます。「better than nothing(何もしないよりいい)」といった程度の心構えのカジュアルさが、逆に「今っぽい」と見られるのですよね。

ベースはファンデなしのネーキッドメークを。ニューヨーク生まれのブランド「グロッシアー」が、発色も質感もぴったりです。眉は毛流れを整える程度で十分。

その代わり、原色のアイシャドーをワンポイントにしましょう。自分の好きな色でいいです。緑は、意外とどんなファッションにも合うので、取り入れやすい色です。さらにピンクやオレンジ系のグロスリップを合わせると、キュートですよ! 暗い赤のアイライナーにすれば、逆にミステリアスな雰囲気に仕上がります。

日本人は流行ばかり意識する人が多いですが、ニューヨークに来たからには、ぜひ自分の好きなファッションスタイルを、自由に楽しんでみてください。


【キーワード解説:ネーキッドメーク

ヌードメークとも。生まれ持った素肌の色味を生かし、ナチュラルな質感をキープする。ファンデーションを付けてないくらい軽い付け心地が理想。

●志村さんオススメ●

Perfecting Skin Tint by Glossier

Photo by Glossier

塗っていることも気にならないくらい、薄付きなのが魅力のエンハンサー(ベースメーク)。全12色。グロッシアーの製品はビーガン対応なのも、選ばれるポイントの一つだ($26 / glossier.com)

★今号が最終回です。ご愛読ありがとうございました!

 

志村天謙(たかのり)さん

横浜市出身。
日本で会社勤務を経て、2012年に来米し、メーキャップアーティストとしてのキャリアをスタート。
Vogue」「ZARA」などでメーキャップを担当。
Instagram: shimu25

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1089

風水&手相2021年の運気アップ!

暗くつらい日々が続くなら、自分なりに運命を知り、切り開くのも大切な考えだ。風水と手相の先生に、新しい自分に出会うためティップを教えてもらおう! 

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?