今週のキレイの秘密

ゼロから始まるメンズ肌ケア プロの技を伝授

ワンポイントで差をつける!
ランクアップメーク

おしゃれの幅が広がる秋は、新しいメークに挑戦するのにもぴったり。プロのメーキャップアーティストが、最先端のテクニックを伝授します!


【今号のテーマ】ゼロから始めるメンズ肌ケア

一昔前なら「男がスキンケアなんて」と思った人もいたかもしれませんが、素肌を美しく整える「グルーミング」は男性でもかかせませんよ。

男性は女性に比べて、肌の皮脂が多い傾向にあるので、オイリー肌の解消だけでも違ってきます。おすすめのステップは、まずマイセラウォーターで顔全体の皮脂を拭き取り、化粧水で肌を保湿して、最後にマット・モイスチャライザーでテカリを抑えるという3段工程。

ここまでがスキンケアのルーティン。そこにプラスで、マット・ベース・クリームを顔全体に塗ります。小ジワや毛穴をカバーして、キメを整える効果があり、これだけで5歳は若返りますね!

メンズラインの基礎化粧品は、とにかくシャネルが優秀ですので、迷ったら選んで間違いないと思います。

また、眉の毛流れをスクリューブラシで整えてからヘアスプレーでセットすると、常にキマった眉をキープできます。そして、これはちょっとした裏技ですが、まぶたの二重部分に、すごーく薄く、リップバーム(リップクリーム)を塗ってみてください。その部分が光をキャッチして、他人に若々しい顔つきの印象を与えることができるんです!


【キーワード解説:マイセラーウォーター(Micellar Water)

日本語表記だと「ミセラー」とも。汚れ落としと保湿が同時にできる、オール・イン・ワン製品。コットンなどに付けて顔全体を拭き取るだけでOK。薬局に売っているようなプチプラブランドでも問題なし。

●志村さんオススメ●

Fortifying Gel Moisturizer by Boy de Chanel

シャネルのメンズラインはどれも優秀だが、今回はその中のモイスチャライザー(保湿クリーム)をピックアップ。ひげをそった後のようなフレッシュな肌をキープする。秋冬の保湿は特に大事!($80 / chanel.com)

★次号は最終回!NYらしいメークスタイルを伝授します。

志村天謙(たかのり)さん

横浜市出身。
日本で会社勤務を経て、2012年に来米し、メーキャップアーティストとしてのキャリアをスタート。
Vogue」「ZARA」などでメーキャップを担当。
Instagram: shimu25

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1094

音は続くよ、どこまでも

音を楽しむと書いて「音楽」と読むがまさに今、長く続くコロナ禍で音楽が心の支えとなっている人も、多いのではないだろうか。  今号では、コロナに負けず活動を続けるミュージシャンたちを一部だが紹介していく。オンラインはもちろん、直接鑑賞できる機会も紹介。聞いて感じて、あなただけの癒やしの音を手に入れよう!

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。