今週のキレイの秘密

まつ毛メークで差をつける Withマスクの最新アイメイク

ワンポイントで差をつける!
ランクアップメーク

おしゃれの幅が広がる秋は、新しいメークに挑戦するのにもぴったり。プロのメーキャップアーティストが、最先端のテクニックを伝授します!


【今号のテーマ】基本を忘れがちなまつ毛メーク

メークにあまり時間をかけたくない時でも、まつ毛(アイラッシュ)メークは気合いを入れましょう!特にマスクが必要な今、目の印象が全てを決めます。

よく、頑張ってまつ毛を上げようとして、クルンクルンのCカールを作ってしまう人がいますが、正面から見るとまつ毛が短く見えてしまって逆効果です。ビューラーは目元から上げますが、挟むのはだいたい毛の中間くらいまで。まつ毛全体を一度に全部上げるのではなく、左右に3分割してそれぞれにビューラーを当てると、放射線状にまつ毛が広がって美しく見えますよ。

マスカラ下地は安い物でOKなので、美しく仕上げるために、ぜひ使いましょう。マスカラもそうですが、まつ毛の付け根にしっかり当ててから、毛先の方向に滑らせるように動かすと、液がダマにならずに自然な出来栄えに。一度塗りを心掛けましょう。

乾いたらマスカラを塗ります。こちらは塗る前にティッシュで毛先を少し抑えておくと、付け過ぎ防止になります。マスカラはプチプラブランドで十分使えて、一番人気はメイベリンですね。最後にコームで整えて、完成。コームの形はいろいろありますが、自分が使いやすいと思った物が一番だと思います。

【キーワード解説:コーム

マスカラを塗った後のまつ毛の流れを整える、ブラシのこと。スクリュータイプ(360度ブラシが付いている)や、一般的なくしの形のものなど、いろいろな種類がある。

●志村さんオススメ●

Artist Eyelash Curler by Laura Mercier

ビューラー(カーラー)はシュウ・ウエムラのものが根強く人気だが、実は日本人の目の形よりカーブが効いている。ローラ・メルシエのこちらのビューラーはカーブがなだらかで、日本人の目の形によりしっくりなじむデザインだ($22 / lauramercier.com

★次号は「メンズ必見のグルーミング」を解説します!

志村天謙(たかのり)さん

横浜市出身。
日本で会社勤務を経て、2012年に来米し、メーキャップアーティストとしてのキャリアをスタート。
Vogue」「ZARA」などでメーキャップを担当。
Instagram: shimu25

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1186

Black History Month 2023 黒人の歴史について学ぼう!!

米国史においてアフリカ系米国人が担った役割や功績を称える「黒人歴史月間」が来月から1カ月にわたり開催される。今週号は黒人の歴史や文化について学べるスポットや関連行事を紹介する。

Vol. 1185

~街歩き特集~お洒落なロングアイランドシティを開拓しよう!

近年開発が進み、ウォーターフロントには高層の高級アパートメントが立ち並び、話題のバーやレストランが点在するクイーンズのロングアイランドシティ(LIC)。住みやすい街とも言われる人気のLICの魅力に迫る!

Vol. 1184

特製おせち料理で新年を寿ぐ

新年を迎える節目に家族や大切な人と、縁起物が詰まったおせち料理で華やかにお祝いしたという人も多いでしょう。今回は、おせち商材の売れ行きや、在住者によるお正月の過ごし方&おせち料理などを紹介。