記事広告

アルビオンの米国オンラインストアがスタート

美しい素肌作りでおなじみ、アルビオンの商品が、ついに当地で入手可能に! 米国上陸を熱望されていた、同社の製品の良さとはなんだろう?


ニューヨークで暮らしていて、日本人が誰しも一度は悩むのが「肌がものすごく乾燥すること」だろう。特に冬場となれば、肌が突っ張り、ピリピリした痛みを伴うことも。ただでさえ、慣れない文化での生活におけるストレスや、水質の違いで肌が荒れやすいのに、だ。

しかし米国では、日本人の肌に合う低刺激の保湿アイテムをなかなか見付けられず、おかげで日本に帰る度に大量買いに明け暮れる人も少なくない。特に化粧水の商品バリエーションが、この国では少ないような気がする…。

「米国で、化粧水などの基礎化粧品を毎日使うということは、比較的最近に定着した習慣のようです」

そう話すのは今回、満を持して米国でオンライン販売をスタートした、アルビオンの米国本社・広報担当のコールバック藍里さん。

ストレスや暴飲暴食の多い今だからこそ、スキンケアを丁寧に行うことが大きな意味を持つ。加えて、「今はマスクを着用することで、肌にダメージが蓄積されやすいので、美肌作りにはしっかりとしたスキンケアが本当に大事なんです」とコールバックさんは力説する。

同社の基礎化粧品一式を使用しているというコールバックさんの肌は、ビデオ通話のカメラ越しでも、ツルツルできめ細やかだ。

 

乳液も化粧水も、コットンパッドで肌に優しくなじませるのがアルビオン流。綿100%で、その柔らかさは肌に当てた瞬間にうっとりするほど。$50以上購入した人に、現在こちらをプレゼントとして進呈中($100以上はさらに別の進呈あり)

 

ロングセラー商品が上陸

1956年創業の、歴史ある高級化粧品メーカーであるアルビオンは、意外にもこれまで、米国へは本格進出をしていなかった。

「美しい素肌」に一貫してこだわることに定評がある同社は、作り物のように肌を塗り固めるのではなく、肌本来が持ち得るみずみずしさ、柔らかさを引き出すことで、美しさを追求。

看板商品である「スキコン」こと、スキンコンディショナーは、1974年から世代を超えて愛される名品だ。

「国産ハトムギの品種のうち、北海道で育った『オーガニック北のはと』のエキスを使っていて、これが肌をしっかり保湿してくれるんです」とコールバックさん。「付け心地もサラサラで、コットンで肌になじませると、スッと角質のすみずみに浸透します」

このスキコンは、「乳液の後で使う」のがアルビオン流。洗顔したての肌に、まず乳液で潤いを与えてバランスを整えることで、化粧水の浸透率も高まるのだ。乳液は、こちらも人気商品の「EXCIA(エクシア)」シリーズが間違いない。

 

Skin Conditioner Essential

同社の代名詞ともいえる「スキコン」は、肌の代謝リズムを整えることで、シミ、シワ、赤み、敏感肌といった症状を抑えてくれる。フローラルブーケの香りで、付けた瞬間に心もリフレッシュするはず($35/110ml、$50/165ml、$84/330ml)

 

EXCIA Renewing
Rich Milk SV

 

洗顔後に最初に肌に与えるのは、乳液の潤い。コットンパッドに3プッシュ出して、肌全体になじませよう。EXCIAシリーズはアンチエイジング効果に優れていて、乾燥肌には「Extra Rich Milk」がオススメ($125/200g

 

 

Albion Garden
albiongarden.com
現在、50ドル以上、100ドル以上、150ドル以上の購入で、無料ギフトを進呈中

 

 

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。

Vol. 1155

知って得する! NYの物件事情

ポストコロナの今、ニューヨークで生活をしていると、インフレの影響もあって物価の高騰を実感せざる得ないだろう。もちろん不動産の価格も上がり続けている。物件探しのコツをつかんで、いい住まいを早めに押さえよう!