今週のキレイの秘密

今秋の流行り眉毛に仕上げよう!プロのワザをマスターして差をつける

ワンポイントで差をつける!
ランクアップメーク

おしゃれの幅が広がる秋は、新しいメークに挑戦するのにもぴったり。プロのメーキャップアーティストが、最先端のテクニックを伝授します!


【今号のテーマ】今はやりの眉毛に仕上げよう

© Tinseltown / Shutterstock.com

前回は目元のイマドキメークを紹介したので、今回は美しい眉毛作りを意識してみましょう。こちらも、インフルエンサーであるメーキャップアーティスト、ハン (Hung Vanngo)が提唱して人気を呼んだ作り方です。

ポイントは、1本1本の毛を描き込んで、「毛流れ」を作ることです。まるで生えているかのように、パウダーか細いリキッドペンシルで丁寧に描いていきます。本来の眉より2トーンほど明るい色を用意したら、まず濃い色の方のパウダーを眉山に、薄い方を眉尻と眉頭に置いて、2トーンでグラデーションを作りながら眉の形を整えます。日本で少し前までは下がり眉、平行眉がはやりましたが、今は日米共に、少し山を強調したシェープが人気ですよ。

そうしたらリキッドペンシルで、上から1本1本、本来の毛流れを生かすように描き込んでいきます。眉山までは少し上昇気味に、眉尻にかけては放射線状に落として描くと、顔がリフトアップして見えますよ! パウダーだけを使う場合は、激細の筆を使ってみてください。

日本人は眉毛が硬い傾向があるので、ブロージェルを使って毛流れを上向きにしてあげるのもテクニックの一つです。メークの仕上げとしてもお忘れなく。

【キーワード解説:ブロージェル】

見た目はマスカラのようだが、透明なジェル。眉のメークの仕上げに、毛の流れに沿うように塗ると、毛流れが整ってツヤが出る。

●志村さんオススメ●

Spiking Glue by Schwarzkopf

Photo by Schwarzkopf

ヘアメーク用のこちらのジェルが、眉毛作りに向いている。少量をスクリューブラシに絡めて、眉毛を上向きに上げていく。指で固定して少し乾かす、を繰り返そう。(schwarzkopf.com

★次号は「キレイに見えるまつ毛メーク」を解説します

 

志村天謙(たかのり)さん

横浜市出身。
日本で会社勤務を経て、2012年に来米し、メーキャップアーティストとしてのキャリアをスタート。
Vogue」「ZARA」などでメーキャップを担当。
Instagram: shimu25

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。