今週のキレイの秘密

秋のランクアップメーク、スモーキー&フォックスアイに挑戦

ワンポイントで差をつける!
ランクアップメーク

おしゃれの幅が広がる秋は、新しいメークに挑戦するのにもぴったり。プロのメーキャップアーティストが、最先端のテクニックを伝授します!


【今号のテーマ】スモーキー&フォックスアイに挑戦

インスタグラムでカリスマ的人気を誇る、トレンドセッターなメーキャップアーティスト、ハン(Hung Vanngo)の「スモーキーアイ」テクニックをまねしてみましょう。

ポイントは、柔らかいペンシルを使うこと。発色も良くて崩れにくく、よく伸びます。最初に上下のインラインを塗りつぶしたら、まつ毛のちょっと上あたりに線を引き、筆で上向き(下まぶたなら下向き)にぼかしていきます。伸ばし終わったら、最初に引いたラインをもう一度なぞり直して、インラインに深みを与えると◎。最後にアイシャドーで色味を足すと、きれいに仕上がります。

グラデーションは、二重(ふたえ)幅の中だけで作るようにしましょう。奥二重の人は、目を開けたときに少し見えるくらいでOK。「広げ過ぎ」ると汚く見えてしまうんです。

この秋に初めてトライするなら、赤みを帯びたボルドー系がおすすめ!マスクで顔が隠れるので、目元の印象を強くすると、バランスがよくなります。

このグラデーションを、目の下のラインからつなげて、目尻の上まで伸ばすと、きれいなフォックスアイの完成。色味を柔らかいものにすれば、ナチュラルな仕上がりに見えますよ。

キーワード解説: フォックスアイ

目尻がつり上がり、印象が強くなるメーク術。欧米人はアイラインを引いてフォックスアイにする人も多いが、アジア人なら、色味のグラデーションで再現すると程よくマイルドな印象に。

●志村さんオススメ●

Eye Sweep Brush by Bobbi Brown

指やチップでアイシャドーのグラデーションを作ってから、このブラシでさらにぼかして、きれいに仕上げると、簡単にプロの出来栄えに! ($40 / bobbibrowncosmetics.com

★次号は、「メークが決まる眉作り」を解説します!

志村天謙(たかのり)さん

横浜市出身。
日本で会社勤務を経て、2012年に来米し、メーキャップアーティストとしてのキャリアをスタート。
Vogue」「ZARA」などでメーキャップを担当。
Instagram: shimu25

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1103

奥深い中国茶の世界

今ひそかにブームとなっている中国茶。お茶の発祥の地、中国で生まれた奥深い中国茶を知って、さまざまな香りや味、飲み方を楽しめる魅惑的なお茶の世界を旅してみよう。

Vol. 1102

本格的に春が到来 NY近郊の桜スポット!

長い冬が終わり、心も軽やか。街の至るところで見頃を迎えている桜はもちろん、市内やニューヨーク州近郊の春の花々が楽しめるスポットを紹介する。

Vol. 1101

一味違う! アカデミー賞
今月25日に開催される、「第93回 アカデミー賞授賞式」。新型コロナウイルスの影響で、同授賞式も例年と異なる形で開催される予定だ。俳優のスピーチや衣装など、何かと話題になる同授賞式の見どころを、徹底紹介していく。

Vol. 1100

今こそ学ぶ 日本人と米国の歴史

世界中から移民が集まる米国は日本と異なり、まだまだ歴史が浅い若い国だ。日本の先駆者たちが海をわたり、文化や社会の違いを学び、日本の発展に貢献した。しかし私たちは、その歴史をほとんど知らないまま米国に住んでいる。今号では、そういった歴史の一部を紹介していく。