今週のキレイの秘密

プロが教える!最強の透明肌を手に入れる

ワンポイントで差をつける!
ランクアップメーク

おしゃれの幅が広がる秋は、新しいメークに挑戦するのにもぴったり。  プロのメーキャップアーティストが、最先端のテクニックを伝授します!


【今号のテーマ】最強の透明肌を手に入れる

化粧崩れ知らずで透明感抜群の「ミルフィーユメーク」に挑戦です! 写真上の彼女の素肌も、ミルフィーユメークで、写真下のように美しい顔立ちに。

まず、シリコン系のベースを、毛穴や小ジワが気になる箇所にオン。これはアルマーニの「Fluid Master Primer」が断然オススメです! その上から、白かピンク系ベースを顔全体に塗って、トーンアップさせます。次に、赤みが気になる箇所に緑のコントロールカラーをプラス。ポンポン叩きながら伸ばしていきます。

まだ続きます! 今度はトーンを整える気持ちで、ファンデーションを薄く全体に塗ります。「Glossier」の薄さが理想。その後で、黄色のコントロールカラーで、透明感をプラスします。眉間や顎、目元の上下、ほうれい線周りに置きましょう。ニキビやくまが気になる場合は、ソリッドタイプのコンシーラーを筆に取ってポイント使い。そして最後にパウダーです。ローラ・メルシェの「Translucent Loose Setting Powder」がいい仕事をします。もし、さらに足すなら、ジバンシイの「Prisme Libre」で透明感をプラスです。

それぞれのリキッドは、塗ったらスポンジで押さえて、余剰分を取りましょう。デートや勝負の時に、ぜひ!

 

 

キーワード解 説: コントロールカラー

肌の色味を整え、美しく見せるために肌に乗せる、色の付いたベースメークのこと。血色がほしいときは赤、赤みを抑えたい時は緑など、部位や肌トラブルごとに色を細かく使い分けるのがコツだ。

●志村さんオススメ●

Fluid Master Primer by Armani Beauty

 

透明なシリコンタイプで、塗った場所から毛穴の開きを抑え、シワやたるみを目立たなくしてくれる、縁の下の力持ち。あらゆるメークの下地として活躍! ($42/giorgioarmanibeauty-usa.comPhoto by Armani Beauty

 

 

志村天謙(たかのり)さん

横浜市出身。
日本で会社勤務を経て、2012年に来米し、メーキャップアーティストとしてのキャリアをスタート。
Vogue」「ZARA」などでメーキャップを担当。
Instagram: shimu25

 

★次号は、「フォックスアイ」の作り方を解説します!

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1078

リアルで! バーチャルで!

ハロウィーン体験

大規模なパーティーやパレードが難しくとも、10月だけのホラーな雰囲気は楽しめるはず! 今号は、ニューヨーカーが仕掛けるハロウィンの試みの数々をご紹介

Vol. 1077

こだわりのダイナー

ニューヨーク市内の飲食店では先月30日から、インドアも再開。がんばる飲食店への応援も込めて、老舗ダイナーから新しいダイナーまでを紹介します。あなたにとってのお気に入りの店が見つかるかも。

Vol. 1076

ニューヨークらしい秋冬ファッション

先行きが不安な今年の秋冬だからこそ、自分らしいおしゃれで、毎日を明るく過ごしたい! 日本に一時帰国するのを控えている人も多い今年は、あえて「ニューヨークらしい」ファッションを楽しんでみない?

Vol. 1075

さりげなく差を付ける身だしなみ

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続き、外出しないため、身だしなみにもこだわらなくなった人も多いのでは? 外出の機会も増えていく中、さりげなく、そして、かっこよくきめる、NY在住者のこだわりの身だしなみを今号では探ってみた。