今週のキレイの秘密

プロが教える!マスクに負けないベースメーク

ワンポイントで差をつける!
ランクアップメーク

おしゃれの幅が広がる秋は、新しいメークに挑戦するのにもぴったり。  プロのメーキャップアーティストが、最先端のテクニックを伝授します!


【今号のテーマ】 マスクに負けないベースメーク 

マスクを着用することが新たなマナーになりつつある、これからの時代は、メークが崩れないよう厚めにファンデーションを塗るのではなく、メークをしたときの「快適さ」をポイントに置くべきです。

軽く、ヨレにくいベースメークを仕上げるキーアイテムは、ティント系のピンクのプライマー。血色感をプラスして、色合いをクリアにする効果があります。毛穴や小ジワもカバーするので、上にパウダーを塗るだけでも十分なくらい。さらにトーンアップを狙うなら、リキッドタイプのファンデーションを、ストッキングのようにうすーく塗ります。顔の中央部分から外に向けて伸ばすと、顔に立体感が出ます。塗り過ぎを避けるため、上からスポンジでオフしましょう。

パウダーを叩いたら、最後にフィックススプレーを。スプレーし過ぎは逆効果なので、頭上から吹きかけて、下に降ってくる霧を顔に当てるくらいの感覚で使いましょう。

もちろん、肌をきれいにするためには、バランスの良い食事と十分な睡眠が不可欠。最近は多くのモデルが、肌のコンディションを整えるためにビーガン/ベジタリアンに切り替えているので、吹き出物などが気になる人はトライしてみてもいいかもしれません。

 

 

キーワード解 説: ティント(tint)クリーム

下地とスキンケア、どちらの役割も果たす下地のこと。厚塗りをせずに肌を美しく見せられるので、透明感や自然さを演出するベースメーク作りにはかかせない。

●志村さんオススメ●

Diorskin Forever & Ever Wear by Dior

 

ほんのりピンク色で血色もよく見えるだけでなく、カバー力はかなりのもの。あらゆるメークの下地として活躍するので、1本持っておきたい!($46Dior.com

 

 

 

志村天謙(たかのり)さん

横浜市出身。
日本で会社勤務を経て、2012年に来米し、メーキャップアーティストとしてのキャリアをスタート。
Vogue」「ZARA」などでメーキャップを担当。
Instagram: shimu25

 

★次号は、「透明感のあるベースメーク」の作り方を解説します!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。

Vol. 1155

知って得する! NYの物件事情

ポストコロナの今、ニューヨークで生活をしていると、インフレの影響もあって物価の高騰を実感せざる得ないだろう。もちろん不動産の価格も上がり続けている。物件探しのコツをつかんで、いい住まいを早めに押さえよう!