教えて、荒木さん!

「老け顔対策」を知りたい!

女性の美と健康を30年以上研究している、コスメプラウドの荒木勝也さんが、素朴な肌の疑問や悩みに効くヒントを紹介します。
(この記事は2019年に掲載したものです。)



【質問】
みんなが見落としがちな「老け顔対策」ってありますか?

前回までは顔全体のお手入れ方法を指南してきましたが、それでもなんだか外見に年齢を感じる…という人、いるのではないでしょうか。ずばり、老け顔は目の周りと首回りの若々しさで決まります! 意識してお手入れしていますか?

顔の部位で最も筋肉を酷使するのが目元です。まばたきで1分に20回以上動くのですから、相当ですよね。また目の周りは皮脂腺がないので、保湿が足りない傾向が強いです。この部位の皮膚の薄さは、サランラップの10分の1といわれているほど薄いのに、あまりに無防備です。

また目元は日常的にアイシャドーを塗ったりするので、一層肌に負担がかかり、なおさら早く老化していきます。だからアイクリームは重要なんですね。化粧水や美容クリームと合わせて使いましょう。

 

 

首筋と手の甲も、絶対に年齢は誤魔化せません。顔に使っている化粧水と美容クリームで構わないので、意識して塗ってみてください。またフェースマスクを付けた際、パックの中に美容駅が残っていたら、首回りにも塗ってあげるといいですよ。

余談ですが、10分経ったらカラカラに乾くようなフェースマスク、安価で売っていますよね。10分のパックでは美容成分が皮脂のバリア(第1回参照)を通過しきれず、肌細胞の奥にうまく浸透しません。当社のマスクは30分以上、水分をたっぷり含んだ状態が続くよう、こだわっています。

全身含めての「あなた」なのですから、顔だけでなく細部のケアも忘れずに!

もう一つ、年齢が素直に現れる部位は頭髪です。こちらのお手入れについては、また次回解説します。

 

次回は「頭髪の美容と若返り」について解説します。

 

荒木勝也さん

コスメプラウドUSA社長。
大手化粧品会社での勤務を経て、2005年に同社設立。
10年より日本、18年より韓国でも事業を展開。
自らの知識と経験を生かし、毎年、美容セミナーを開催している。
cosmeproud.com(米国)
cosmeproud.co.jp(日本)

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1130

今年は75周年のメモリアルイヤー! NBAを見に行こう!

レギュラーシーズン開幕から約1カ月。創設75周年を迎えたNBAは、今季ならではのイベントが盛りだくさんだ。今、話題のNBA系YouTuber、Rikuto AFさんとニコラス武さんの解説と共に、その魅力を紹介する。

Vol. 1129

NYC新市誕生! エリック・アダムス氏を解剖

2日に行われたニューヨーク市の市長選で民主党のエリック・アダムス氏が当選し、次期ニューヨーク市長に就任する。エリック・アダムス氏とはどんな人物なのか? そして今後のニューヨークはどう変わるのか?

Vol. 1128

ビザ最新情報 2021秋冬版

2023年度DV(移民多様化)抽選永住権の米国務省受付が、9日正午で終了した。今号では、H、E、L、Oビザなどの非移民ビザや永住権に関する最新情報を紹介する。

Vol. 1127

今年は何する? もうすぐサンクスギビングデー!

いよいよサンクスギビングデーがやってくる。今年は例年のパレードも復活し、感謝祭ディナーに大セールと楽しいイベントがめじろ押し。日本人にはなじみない文化とはいえ、せっかくアメリカに住んでいるのなら目いっぱい楽しまなきゃ損! 今号はそんなサンクスギビングを存分に満喫するための情報をお届けする。