教えて、荒木さん!

乾燥肌で悩む人が毎日の洗顔で気をつけるべきこと

女性の美と健康を30年以上研究している、コスメプラウドの荒木勝也さんが、素朴な肌の疑問や悩みに効くヒントを紹介します。

(この記事は2019年に掲載したものです。)


 

【質問】乾燥肌で悩んでいます。日々の洗顔で気を付けるべきことはありますか?

 

顔の皮脂が少ない状態ですね。皮脂とは、保湿成分、そして人間が生まれつき持っているバリア。これが、バクテリア、活性酸素、紫外線といった外的刺激から、肌を守ります。皮脂は言わば、人間が作り出す、最高級の美容クリームだと思ってください。皮脂腺で生成され、平均で1日2グラムほど顔に出てきます。

しかし、洗顔料や化粧落といった浄化剤に人工の界面活性剤が使われていると、「落とす力」が強過ぎて、必要な皮脂まで全て洗い流してしまいます。クリームや化粧水は高級品なのに、浄化剤には無頓着——というのは、本当に本末転倒なことですよ!

洗顔料には、最近は自然由来の界面活性剤が使われているものがあります。低刺激なので、肌のためにもこちらを使いましょう。

 

 

逆に、「顔は絶対水だけで洗う」という人がいますが、これもダメ。皮脂は長く皮膚に残ると、酸化してしまうんです。これは、古い油で揚げ物をするのが良くないのと同じ理屈。ですから時々、しっかり顔を洗って、皮脂も入れ替えないといけません。

化粧落としのオイルが肌に残ってしまうので、洗顔料と化粧落としでの「ダブル洗顔」が鉄則。オイル由来の化粧品は、オイル系の化粧落としではないと落ちにくいものです。

そして、化粧を落とさずに寝るというのが、肌には一番良くありません。寝る前に、きっちり洗顔と化粧落としで洗ってください。それが基本。水で落とせない、ふき取り系のものは、肌をかなり傷つけます。皮脂を取り除き過ぎて、バリア効果も損ないます。

洗顔と美肌に、近道はありませんよ!

次回は肌を美しく保つ、化粧水と美容クリームの使い方を解説します。

 

荒木勝也さん

コスメプラウドUSA社長。
大手化粧品会社での勤務を経て、2005年に同社設立。
10年より日本、18年より韓国でも事業を展開。
自らの知識と経験を生かし、毎年、美容セミナーを開催している。
cosmeproud.com(米国)
cosmeproud.co.jp(日本)

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。