美容師に聞く! おうちで簡単「前髪カット」

自粛生活で困る事といえば、伸びた髪をカットすること。中でも前髪カットは、「簡単なようで意外と難しい」と思う人も多いはず。

そこで今回は、ノリータに店舗を構えるヘアサロン「Yama」のオーナー、Junyaさんに協力いただき、「前髪カット」について紹介します。

 


用意するもの

・ハサミ

・コーム(平たいクシ)またはブラシ

・輪ゴム

・ヘアピン

※髪のカット専用バサミがなければ、文房具用などの切れ味のいいハサミを用意。切れ味が悪いと、毛先が白くなることもあるので注意する

 


カット前にやること

1. 前髪部分は、寝癖やクセのある場合は水などをつけて真っ直ぐに乾かした状態にしておく
2. 額側から横1㎝幅を取り、後ろ髪、横髪部分は、輪ゴムやヘアピンで止めておく
3. カットする前に前髪をコームまたはブラシでとかし、真ん中の前髪から下向きにチョキを指で作り、おデコ(生え際)に当て髪を掴み、ヘアピンか輪ゴムで止める。左右も含めて三等分に分ける。
※ポイント1
チョキの幅を広くすると、完成時のバランスが悪くなるため気をつける

 


カット方法

5. 最初に真ん中からカットしていく。その際、下ろしてから決めた長さよりやや少し長い所を、人差し指と中指で真下に軽く挟む

※ポイント2
髪を引っ張ったり持ち上げたりすると、仕上がった前髪が短くなるので注意する。また、髪の毛を洗った後に乾かすと自然と浮くため、最初から少し長めの部分に設定すること。
6. ハサミを縦または斜めにしながら、カットしていく
※ポイント3
カットする際は、一気に切らずに少しずつ切る
7. 左右は、先にカットした真ん中の長さを軸にカットする
※ポイント4
両端を長いラウンド型にしたい人は、両端に進むにつれ、円を描くように、少し長めかつ斜めにカットしていく
8. 最後に、顔周りの髪の毛と馴染ませる。左右のバランスが悪い場合は、つながるように再度調整しながらカットし揃える
※ポイント5
すきバサミ(髪の毛を軽くするハサミ)を持つ人は、前髪を短くしてから重いと感じた部分の毛先約2㎝辺りまでを目安に、縦にすきバサミで切っていくと全体が軽くなる

 


Junyaさん

広島県出身、福岡の美容学校を卒業後、東京の美容院に勤務。Hair stylist TAKU氏に師事。2009年渡米。2015年「YAMA hair salon」をノリータにオープン。営業再開日、予約などの詳細は問い合わせを。
【問い合わせ】yamahairsalon.com(online booking可能)/ yama.6springst@gmail.com
TEL: 917-475-1283

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。