コアマッスルを鍛える!

<再掲載>コアマッスルを鍛える! バレエ③(全4回)

Photo by Beto Franklin/ Pexels

外出を控える日々が続いていますが、引きこもるせいで体が弱くなってしまったら、元も子もありません! そこで、2017年に本紙で連載していた、体幹(コアマッスル)を鍛えるエクササイズを学ぶ連載「コアマッスルを鍛える!」を、ウェブにて特別に再掲載します。家でやってみよう!

(情報はいずれも2017年当時のものです。お問い合わせは編集部<reader@nyjapion.com>まで)

 


今回の先生:三木奈奈さん

ダンサー、振付師、「ナナ ボディアートメーキング」「Nana Ballet」主宰

大阪芸大舞台芸術学部卒。バレリーナとして活躍した後、舞踊講師・振付師に。2003年来米、マース・カニングハム・スクール卒業。美容アンチエイジング・バレエクラス、キッズクラスを教える他、2016年春から大人のためのボディーアートメーキングとパーソナルトレーニングのクラスを始める(現在はクラス一時閉鎖のため、ZOOMでのオンラインセッションのみ)。

nana@nanaballet.com
nanaballet.com
http://nanamiki.com

 

※この再掲載で紹介する動きも解説! 三木さんのYouTubeチャンネルはこちら:
youtube.com/channel/UCFARRdVJFS4aWp8_edQ3t1w

 


四つんばいになった状態でのアチチュード(バレエの足のポーズ)から、上半身をツイストする動き。まず両手両膝を床に着け、四つんばいになる。両手は肩の真下に垂直に置く。両膝の幅も肩幅がベスト。コアを締めて、体の軸を中心に保つ。

床に着けた右脚を軸にして、体重を脚の外側にシフトさせないように注意しつつ、左脚を曲げたまま少しずつ上げ(アチチュード)、右へツイストする。この段階では、上体は意識的に動かさない。上げた脚をツイストしていくにつれて、自然に上体も動いていく。

伸ばした左脚を床に着け、上体を上に向けたまま、左腕を伸ばしてストレッチ。手を先に下ろし、ギリギリまでツイスト状態をキープしながら、四つんばいに戻る。手と上半身が戻るにつれて、自然に左の爪先が床から離れる。コアを意識しつつねじることにより、ウエストラインを立体的にシェイプアップする。

 

 

写真ではバレエレッスン用のバーを使っているが、自宅では壁や、椅子の背もたれで代用可能。足をそろえて立ち、そこから足1個分ずつ左右に開いて立つ。頭は天に引っ張られたまま、尾てい骨はまっすぐ床に向かう意識で立つ。胸を起こし、目線はやや45度上を向く。

両脚の付け根から外側に向かって、脚をらせん状に回しながら(ターンアウト)、上体を真っすぐ下ろす。この時、膝の曲がる方向と、足が向く方向が同じであることが大事。足だけが外に向いていて、膝が内向き、またはその逆の状態だとバランスが欠け、膝を痛めるので注意すること。

上体を下ろした時の、横から見た正しい姿勢。尾てい骨を真っすぐ下ろし、お尻を後ろに突き出さない。コアを意識しないで行うと、お尻が突き出るので、常にコアを締める意識を持つ。上体を上げる時に、お尻をキュッと締める。ヒップアップ、特にお尻の下のラインの形成と、プリっとしたお尻を作るのに効果大。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1153

マインドフルに生きよう!

心や体を落ち着かせる効果があるとされるマインドフルネス。慌ただしく不安が尽きない日々の中で、生活に取り入れてみると少しは気持ちが楽になるかもしれない。すでに実践している人も未体験の人も、今号を読んでマインドフルネスについての理解を深めよう!

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。