教えて、荒木さん!

肌のピーリング、定期的にするべき?

女性の美と健康を30年以上研究している、コスメプラウドの荒木勝也さんが、素朴な肌の疑問や悩みに効くヒントを紹介します。



【質問】
肌のピーリング、定期的にするべき?

若いときは体内にコラーゲンやホルモンが十分あるので、ターンオーバーが活発。新しい肌細胞がどんどん生まれ、古い角質を押し出します。しかし、閉経などによってホルモンが減少すると新陳代謝が劣り、押し出されずにたまった角質が肥大します(角質層化)。肌は膨張しないので、肥大化した分、角質層が真皮を圧迫してしまいます。できれば週1回、ピーリングで角質を落として、ターンオーバーを促すことが重要。

ピーリングに使われるのが、金やプラチナ。金が発するマイナスイオンが微弱な電流を流し、活性酸素を除去するだけでなく、角質を優しく押し上げます。ただし、「純金」でなければいけません。少しでも不純物が入っていたら、空気・水中の酸素を取り込んでさびて、シミ・シワを作ります。24Kでも要注意。最も純正な金は、「正一毛(しょういちもう)」と呼ばれます。

さびるといえば、オイルも選び方に気を付けたいですね。オレイン酸、リノール酸、ビタミンといった肌によい成分が入っているので、アンチエイジングなどにも使われます。最も酸化しにくいオイルが、バオバブ、次いでアルガン。椿、ホホバ、オリーブなどは安価ですが、酸化しやすいです。合成でなければ、大抵のオイルは害がないと思いますよ。

そうそう、最近やっと「抗糖化」も注目され始めました。糖分は肌を黄色くし、酸化同様、シミ・シワを生みます。これからは「抗糖」にも注目してください。

若いうちの肌ケアが、50歳の肌を左右します。50歳からは、肌の美しさが決め手。人生100年時代の今、すでに50代の人は、これ以上老化が進行しないよう、心掛けましょうね!

 

ご愛読ありがとうございました! またいつかお会いしましょう!

 

荒木勝也さん

コスメプラウドUSA社長。
大手化粧品会社での勤務を経て、2005年に同社設立。
10年より日本、18年より韓国でも事業を展開。
自らの知識と経験を生かし、毎年、美容セミナーを開催している。
cosmeproud.com(米国)
cosmeproud.co.jp(日本)

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1041

自由気ままに
デトックス

年末も近くなり、何かと忙しいこの季節。2019年を最後まで楽しむために、体の不調やストレスは今のうちに排除しよう!今号は、気軽に立ち寄れる市内のリラクゼーションスポットを探訪。

Vol.1040

読者ランナーを一挙紹介!
NYCマラソンを見る。

NYジャピオンは、今年もニューヨークシティーマラソンを応援します!レースの基礎情報から、知っていると得する応援の豆知識、そして5区を駆け抜ける読者ランナー太刀を一挙に紹介。(文/南あや)

Vol.1039

ジェネレーションZ が
経済を動かす!

「ジェネレーションZ」(略称=Z世代)という言葉を耳にしたことがあるだろうか?今、この若い世代の勢いが止まらない!数年後にはアメリカ最大の消費者層となると言われている彼らの正体・生態を、今号で勉強使用!(取材・文/菅礼子)

 

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)