教えて、荒木さん!

肌のピーリング、定期的にするべき?

女性の美と健康を30年以上研究している、コスメプラウドの荒木勝也さんが、素朴な肌の疑問や悩みに効くヒントを紹介します。



【質問】
肌のピーリング、定期的にするべき?

若いときは体内にコラーゲンやホルモンが十分あるので、ターンオーバーが活発。新しい肌細胞がどんどん生まれ、古い角質を押し出します。しかし、閉経などによってホルモンが減少すると新陳代謝が劣り、押し出されずにたまった角質が肥大します(角質層化)。肌は膨張しないので、肥大化した分、角質層が真皮を圧迫してしまいます。できれば週1回、ピーリングで角質を落として、ターンオーバーを促すことが重要。

ピーリングに使われるのが、金やプラチナ。金が発するマイナスイオンが微弱な電流を流し、活性酸素を除去するだけでなく、角質を優しく押し上げます。ただし、「純金」でなければいけません。少しでも不純物が入っていたら、空気・水中の酸素を取り込んでさびて、シミ・シワを作ります。24Kでも要注意。最も純正な金は、「正一毛(しょういちもう)」と呼ばれます。

さびるといえば、オイルも選び方に気を付けたいですね。オレイン酸、リノール酸、ビタミンといった肌によい成分が入っているので、アンチエイジングなどにも使われます。最も酸化しにくいオイルが、バオバブ、次いでアルガン。椿、ホホバ、オリーブなどは安価ですが、酸化しやすいです。合成でなければ、大抵のオイルは害がないと思いますよ。

そうそう、最近やっと「抗糖化」も注目され始めました。糖分は肌を黄色くし、酸化同様、シミ・シワを生みます。これからは「抗糖」にも注目してください。

若いうちの肌ケアが、50歳の肌を左右します。50歳からは、肌の美しさが決め手。人生100年時代の今、すでに50代の人は、これ以上老化が進行しないよう、心掛けましょうね!

 

ご愛読ありがとうございました! またいつかお会いしましょう!

 

荒木勝也さん

コスメプラウドUSA社長。
大手化粧品会社での勤務を経て、2005年に同社設立。
10年より日本、18年より韓国でも事業を展開。
自らの知識と経験を生かし、毎年、美容セミナーを開催している。
cosmeproud.com(米国)
cosmeproud.co.jp(日本)

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1100

今こそ学ぶ 日本人と米国の歴史

世界中から移民が集まる米国は日本と異なり、まだまだ歴史が浅い若い国だ。日本の先駆者たちが海をわたり、文化や社会の違いを学び、日本の発展に貢献した。しかし私たちは、その歴史をほとんど知らないまま米国に住んでいる。今号では、そういった歴史の一部を紹介していく。

Vol. 1099

元祖ソウルフード ピザ魅力

「アメリカらしさ」「ニューヨークらしさ」が揺らいでも、ピザのうまさは揺らがない。ピザ激戦区・ニューヨークでも「名店」とうたわれる店を食べ比べて、その奥深さに思いをはせてみよう 。

Vol. 1098

春ファッションが楽しくなる かわいい小物にくびったけ!

いよいよ春が到来! 不安の尽きない日々だけど、お気に入りファッションに身を包めば自然と気分もアップするはず。トレンドの小物を取り入れて、今ならではの春ファッションをエンジョイしよう!

Vol. 1097

まだまだ不安の多い時代だからこそ

今すぐ実践 ストレス解消法を一挙紹介!

春の気配とワクチンの普及を感じながらも、まだまだ続く寒さとコロナによって、閉塞感や不安を抱えている人が増えている。身近に手軽にできるものから、ちょっと足を伸ばして行えるストレス解消法までを一挙ご紹介。ストレスを手放し、心身共に健康な状態で春を迎えよう!