教えて、荒木さん!

「老け顔対策」を知りたい!

女性の美と健康を30年以上研究している、コスメプラウドの荒木勝也さんが、素朴な肌の疑問や悩みに効くヒントを紹介します。



【質問】
みんなが見落としがちな「老け顔対策」ってありますか?

前回までは顔全体のお手入れ方法を指南してきましたが、それでもなんだか外見に年齢を感じる…という人、いるのではないでしょうか。ずばり、老け顔は目の周りと首回りの若々しさで決まります! 意識してお手入れしていますか?

顔の部位で最も筋肉を酷使するのが目元です。まばたきで1分に20回以上動くのですから、相当ですよね。また目の周りは皮脂腺がないので、保湿が足りない傾向が強いです。この部位の皮膚の薄さは、サランラップの10分の1といわれているほど薄いのに、あまりに無防備です。

また目元は日常的にアイシャドーを塗ったりするので、一層肌に負担がかかり、なおさら早く老化していきます。だからアイクリームは重要なんですね。化粧水や美容クリームと合わせて使いましょう。

 

 

首筋と手の甲も、絶対に年齢は誤魔化せません。顔に使っている化粧水と美容クリームで構わないので、意識して塗ってみてください。またフェースマスクを付けた際、パックの中に美容駅が残っていたら、首回りにも塗ってあげるといいですよ。

余談ですが、10分経ったらカラカラに乾くようなフェースマスク、安価で売っていますよね。10分のパックでは美容成分が皮脂のバリア(第1回参照)を通過しきれず、肌細胞の奥にうまく浸透しません。当社のマスクは30分以上、水分をたっぷり含んだ状態が続くよう、こだわっています。

全身含めての「あなた」なのですから、顔だけでなく細部のケアも忘れずに!

もう一つ、年齢が素直に現れる部位は頭髪です。こちらのお手入れについては、また次回解説します。

 

次回は「頭髪の美容と若返り」について解説します。

 

荒木勝也さん

コスメプラウドUSA社長。
大手化粧品会社での勤務を経て、2005年に同社設立。
10年より日本、18年より韓国でも事業を展開。
自らの知識と経験を生かし、毎年、美容セミナーを開催している。
cosmeproud.com(米国)
cosmeproud.co.jp(日本)

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?

Vol. 1085

冬の乾燥対策で不安を撃退!

寒さが厳しくなるなか、新型コロナウイルスの猛威が再び押し寄せている。冬季は今まで以上にウイルスのまん延が懸念されているため、乾燥対策が重要だ。冬の乾燥対策でさまざまな不安を撃退しよう。