【4月15日(月)が申請締め切り】新・タックスリターンの 基礎知識

期間限定の連載企画! 米国版・確定申告の季節が今年も到来。4月15日(月)が申請締め切りしっかり基礎知識を身に付けてから専門家に相談しよう。監修=尾崎真由美/尾崎真由美会計事務所(1040me.com


I. 還付のタイミングを理解しましょう

IRSが確定申告書を受理した後の還付時期には様々な要因が影響します。IRSはほとんどの還付を21日以内に行いますが、特に大きな買い物や請求書の支払いをする際には、2023年分の連邦税の還付を特定の期日までに受け取ることを当てにしないよう納税者に注意を促しています。IRSのシステムがエラーの可能性を検出した場合、申告書に記入漏れがあった場合、なりすましや詐欺が疑われる場合などには、追加審査が必要となり、処理に時間がかかることがあります。

また、EITC(勤労所得控除)やACTC(子女追加税額控除)を申請している場合、IRSは2月中旬より前に返金を行うことはできません。法律により、IRSはEITCまたはACTCに関連する部分だけでなく、還付金全額を預かることが義務付けられています。IRSは、納税者が口座振込を選択し、確定申告に問題がなければ、2024年2月27日までにほとんどのEITCとACTC関連の還付金が納税者の銀行口座またはデビットカードに振り込まれると予想しています。

II. Form 1099-K報告基準の延長

納税者、税務専門家、支払処理業者からのフィードバックを受け、IRSは納税者の混乱を軽減するため、2023暦年の第三者決済組織に対する600ドルの新しいForm 1099-K報告基準を延期しました。IRSは新法の施行に向けて作業を続けているため、2023年を追加的な移行年として扱います。これにより、Form1099-Kが多くの納税者に送付され、納税義務のない納税者に送付されることによる潜在的な混乱を減らすことができます。その結果、納税者が2023年に2万ドル以上を受け取り、200件以上の取引がない限り、申告は不要となります。

この新しい規定は複雑であり、多くの個人納税者が影響を受けることから、IRSは、アメリカン・レスキュー・プラン(ARP)で制定された600ドルの申告基準額を実施するための段階的導入の一環として、2024年度の申告基準額を5000ドルとすることを計画しています。

納税者は、なぜForm 1099-Kを受け取ったのかを理解し、そのフォームと他の記録を用いて、正しい所得を計算し、確定申告で報告することが重要です。また、Form 1099-Kを受け取ったが、受け取るべきでなかった場合、納税者はどうすればよいかを知ることも重要です。

III. エネルギー関連控除

2023年に自動車を購入した納税者は、2022年インフレ抑制法に基づく変更点を確認し、2022年以前に購入した新型電気自動車、または2023年以降に購入した新型クリーン自動車の控除を受ける資格があるかどうかを確認する必要があります。どちらのクレジットを申請するにも、納税者は車の車体番号を提出し、確定申告書と一緒に8936 Form 「適格プラグイン電気自動車クレジット」を提出する必要があります。

納税者が自宅のエネルギー改善を行った場合、対象となる費用の一部について税額控除を受けることができます。2022年のインフレ抑制法により、控除額と対象となる費用の種類が拡大されました。税額控除を申請するには、Form 5695,Residential Energy Credits, Part IIを確定申告書に添付する必要があります。

IV. 2024年の新規事項

2023年暦年から、インフレ抑制法により、米国の製油所で受入られた原油、および消費、使用、倉庫保管のために米国に流入した石油製品に対する危険物質スーパーファンド融資税率が復活します。税率は、有害物質スーパーファンド税率と石油流出責任信託基金融資税率の合計です。

2024年暦年については、2016年12月31日以降に輸入された原油または石油製品、2016年12月31日以降に輸入される原油または石油製品の税率は、1バレル当たり0.26セントとなります。

V.基礎控除(Standard deduction)の変更について

以下に説明する2023年課税年度の調整は、一般的に2024年に提出される税務申告に適用されます。

多くの納税者にとって最も関心のある2023年税制改正の税目は、以下のドル額です。

• 2023年度の夫婦合算申告の基礎控除額は、前年度より1800ドル増の2万7700ドルになります。独身者と夫婦別姓の場合、2023年の基礎控除額は前年度より900ドル増額され1万3850ドルとなります。世帯主の場合、1400ドル増の2万800ドルとなります。

• 限界税率について: 所得が57万8125ドル(夫婦合算申告の場合は69万3750ドル)を超える独身納税者の場合、2023年の最高税率は37%に据え置かれます。

23万1250ドル(夫婦合算申告の場合は46万2500ドル)を超える所得に対しては35%。

18万2100ドル(夫婦合算申告の場合は36万4200ドル)以上の所得に対して32%。

9万5375ドル(夫婦合算申告の場合は19万750ドル)以上の所得の場合、24%。

4万4725ドル(夫婦合算申告の場合は8万9450ドル)以上の所得の場合、22%。

1万1000ドル(夫婦合算申告の場合は2万2000ドル)以上の所得は12%。

所得が1万1000ドル以下の独身者の場合、最低税率は10%(夫婦合算申告の場合は2万2000ドル)です。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。