つい忘れがち!2023年おすすめパスワード管理ツール

*本記事は90 Digital社によって提供されています。


現代では、個人情報の管理意識が高くなり、様々なWebサイト、Webサービスでパスワードを入力することが当たり前になりました。しかし、その数があまりにも膨大になることで、覚えきれなくなったり、何度もパスワードを設定し直しになってしまったことがある人も多いはず。本記事ではそんな方のために「おすすめパスワード管理ツール」をご紹介します。

みんなどれくらい忘れてる?パスワードリセット頻度

パスワードはすぐに変更できるものもあれば、本人認証に非常に手間がかかるものもあります。ExpressVPNの調査によると、アンケート回答者のうち、約21%が週に2回以上もパスワードをリセットしており、14%が少なくとも1日に1回以上、何かしらのパスワードをリセットしていると回答しています。そして、これらパスワードリセットにかかる時間は、1人当たり年間21時間と膨大な時間を持って行かれているとのことです。

パスワードの再設定にみんなイライラしている

さらに消費されているのは時間だけではありません。同調査では、イライラ度ランキングも発表しており、「パスワードリセット」は「インターネット回線が遅い」の次点、第2位のイライラ度となっており、「車の渋滞にはまる」「足の指をぶつけて痛める」よりもイライラした感情が消費されるストレスフルな出来事となっています。

2023年おすすめパスワード管理ツール

そんな複数の複雑なパスワードを管理するのを手伝ってくれるのが「パスワードマネージャー」です。大きく分けると3通りあり、WindowsやMacのOSに標準装備されている「OS標準型」、クラウド上で一元管理する「クラウド型」、デバイス本体に記憶させる「ローカルホスト型」の3つです。代表的なサービスとしては「RoboForm」「Bitwarden」「True Key」「1Password」「Keeper」「パスメモ」「One Login」などがあります。パスワードマネージャーは、パスワードを保存するだけでなく、

  • パスワード自動作成
  • ワンタイムパスワードの発行
  • ログイン操作の入力補助
  • エクスポートとインポート
  • 端末間の同機

といった機能もあるので、自分にはどの機能が必要かを考えながら選ぶことをお勧めします。

セキュリティ意識はますます重要な時代に

これだけセキュリティの重要性が叫ばれていながら、いまだに大手企業からの情報流出がニュースになっています。甘く見ず、油断せず、日頃から正しくセキュリティを保つことで、2023年も快適ライフをお送りください。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。