今週の注目 トピックス

採れたて日本野菜の宅配サービス

収穫したての野菜を直接地元の農家から受け取り、その日のうちに宅配してくれるオンラインサービス「VEGGIE YA(ベジ家)」が話題の的だ。デラウェア州の日本人経営農場「鈴木ファーム」をはじめ、近郊にある野菜農家と提携しており、毎週木曜日にマンハッタン区、ブルックリン区、クィーンズ区の各エリアに届けてくれる。小松菜、東京ネギ、水菜など米国の一般スーパーでは入手困難な日本野菜はもちろん、ナス、きゅうり、大根、サツマイモ、人参、玉ねぎなどの基本野菜も国産種を揃えているので、味わいの違いが歴然だ。「朝採り/朝掘り」の新鮮野菜が夕飯のテーブルに載るのは感激至極。

創業は2023年。主催者の高田理紗さん(千葉県東庄町出身)は、祖父の代がブドウ農家。「毎年、夏休みになると収穫と発送を手伝っていました。そのせいか青果の仕事となるとワクワクするんです」。在留邦人の方々に、「ベジ家があるから安心してニューヨークで生活できる」と思ってもらえる存在を目指すと言う。

今の季節のオススメは、鍋料理に最適な白菜、春菊、ほうれん草。おせち料理に欠かせない柚子や三つ葉も採れたてを提供する。初めての方には、旬の野菜詰め合わせセット「おまかせファーム・ボックス」(S・Mサイズあり)を推奨する。

 

注文方法などの詳細は、ウェブサイトveggieya.nycを参照。

お問い合わせ:contact@veggieya.nyc

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。